よろしい茸を収穫したよ!! | 『ナウ』のブログ

『ナウ』のブログ

大阪の阿倍野区にある発達障害児・者のための教室です。


テーマ:


78日(日)中高SST「よろしいたけの収穫をしたよ!!」

今日は、西成区にある就労継続支援A型事業所のiworkひまわりさんで、就労体験をさせて頂きました。

iworkひまわりさんでは「よろしいたけ」という名の菌床しいたけを栽培し、販売されています。

 

今日は11人の中高生と7名の父兄、スタッフの総勢20名でお邪魔しました。

まず最初に就労継続支援A型の説明と、菌床シイタケの栽培の仕方、などを所長の豊田さんから説明していただきました。



 

その後、男子、女子の2グループに分かれて「よろしい茸工房」の中を見学させて頂きました。

清潔に保たねばならないので、全員、白い帽子をつけて、髪の毛を中に入れました。




 

ハウスの中は25度前後に保たれており、ひんやりと気持ちいいです。

スタッフのかたから、シイタケ菌から培地に伸びて真っ白な状態から、成熟して茶色に変化していく様子や

大きく育っている様子を見せて頂き、栽培の仕方を説明していただきました。

その後、専用の手袋を貸して頂き、根っこの方から垂直に切り、実際に収穫をさせて頂きました。




 

りっぱに育った大きいシイタケを選んで、各自4個ずつ収穫しました。

皆、やわらかいシイタケの感触を楽しんでいました。

 

よろしい茸は大阪産(もん)認定を受けており、西成区民祭りや難波区民祭りなどのイベントでも販売されるそうです。

子どもたちは、収穫したシイタケをいただき、お母さんたちはよろしい茸や小さい茸を買い求めました。

塩焼きやアヒージョにして食べるとおいしいそうです。

しいたけは軸に抗癌効果があるそうです。軸もおいしく頂きます!




 

豊田さんをはじめ、スタッフの皆様、今日は貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。

こどもたちも、「なぜ、キノコにクラッシックの音楽をきかせるのですか?」「なぜ、最初は白いのですか?」「胞子は目にみえますか?」

など、積極的に質問していました。

子どもたちがイキイキと仕事できる日が来ると嬉しいです。

 

来月のSSTはキャンプに行くため、お休みです。

また9月の第2日曜におまちしてますね♪

 

特定非営利活動法人NOW 今井 けいこ

 

ナウさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス