起業家のキャッチフレーズの作り方とは? | 一般社団法人設立 まごころ相談室

一般社団法人設立 まごころ相談室

一般社団法人を活用したヒット資格の作り方を伝授するブログ。ボランティア団体の立ち上げ、営業、行政書士の知識経験を基に伴走型起業支援行政書士の太田吉博がお伝えします。

あなたを一目で分かるカタチにしたものが
キャッチフレーズです。


ホームページでは、訪問者が訪れて3秒で、
そのホームページが自分のためのホームページかどうかを
判断すると言われています。


たった3秒です。


そのため、3秒で訪問者の心を捉えなければ、
せっかちな訪問者は逃げて行ってしまいます。


そこを逃がさないために、
ぱっと伝わるキャッチフレーズが重要になってきます。

 




それでは、キャッチフレーズを
どのように考えていけば良いでしょうか。


その際には、いくつかのポイントがあります。


・デパート形式ではなく、専門店形式になっているか?

・メリットがすぐにわかるか?

・定量的に効果が見えるか?



順番に見ていきましょう。

まず、デパート形式ではなく専門店形式に
なっているかどうかというのは、
あなたのサービスが絞り込まれていることが前提にあります。


あなたのサービスは幅広いため、何でもできますと
言ってしまいがちですが、それでは逆に
「何もできない」ことと同義でしたよね。


何でもできますというのがデパート型であり、
ピンポイントで絞り込まれた内容を
提供するフレーズが専門店型です。


次に、メリットがすぐにわかるかどうかというのは、
メリット表現になっているかどうかです。


キャッチフレーズでしばしば見られるのが、
強み型になっている表現です。


例えば、「当カフェはアットフォームな雰囲気です」というものです。

もちろん強みをアピールすることは大切なのですが、
ぱっと見た時にメリットが分かりづらいですよね。
そうではなく、「初めての方も楽しく交流できます!」というように

メリットがぱっと分かる表現が重要になってくるのです。

こうしたメリット表現にしてあげることも考えてみてください。


最後に、定量的に効果が見えるか、というものです。
定量的とは、数字のことです。

具体的な数字を表現してあげることにより、
見込み客である訪問者は具体的にメリットを
理解できるようになります。


ここで注意事項があります。

定量的に表せないものを定量的に
無理やり表現することは避けるようにしてください。



例えば、

「雰囲気のいいコミュニティカフェです」

と表現しても、何をもって定量的に表現しているのか
分からないですよね。


まぁ分からないでもないですが、
これをぱっと見ても訪問者の心は揺さぶりませんよね。

結局3秒で他のサイトに逃げられてしまう可能性が高いです。


これを、以下のようにすると、どうでしょうか?

「新規で来られた方の98%が楽しかったので
 リピーターとなる○○市のコミュニティカフェです」


このポイントは、以下の通りです。


・専門店型の表現になっている
 →「地域(○○市)」と「リピート率」
  という軸で専門化している

・メリットを訴求している
 →初めてでも楽しい!

・数字が入っている
 →98%


このキャッチフレーズを見ると、
何だかホームページを読みたくなるのではないでしょうか。


ちなみに、
キャッチフレーズには完璧というのはありえません。

常に練って改善を考え、より良いキャッチフレーズを
創りだしていく必要があります。

その点を忘れずに、キャッチフレーズを
磨きあげていってくださいね。

こういったキャッチフレーズができると、
名刺にも印刷すると、実際にあった人には
さらに効果的です。

ぜひ考えてみてください。

 

 

 

 

 

一般社団法人設立と運営に必要なノウハウが、わずか7日間でわかる!


無料メールセミナー「ゼロからわかる一般社団法人のつくり方」
 

登録はこちらから

一般社団法人設立&運営サポート行政書士 太田 吉博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ