社会起業にとって特に不可欠なものとは? | 一般社団法人設立 まごころ相談室

一般社団法人設立 まごころ相談室

一般社団法人を活用したヒット資格の作り方を伝授するブログ。ボランティア団体の立ち上げ、営業、行政書士の知識経験を基に伴走型起業支援行政書士の太田吉博がお伝えします。

社会起業にとって特に不可欠なものは「人」です。

普通の企業の場合でも、もちろん「人」は重要です。

ただ、社会起業の場合は巻き込む人の数が多い場合があります。

例えば、株式会社の場合は、

・株主
・従業員
・顧客

が会社に関わる人です。


 

社会起業の場合、ちょっと違うのは関係者が増えます。
どういう事業を行うかにもよりますが、

・会員(運営者)
・スタッフ
・ボランティア
・寄付者
・利用者
・保護者(利用者の出資者)

といったいろんな人たちが関わることになります。

どんなにいい商品やサービスがあったとしても、
それらに関わる人がいなければ事業として成り立ちません。

ですので、多くの人をあなたの事業に巻き込んでいく必要があります。


そこで、あなたが取り組むべきこととしては、

①あなたが解決しようと考えている社会問題を広く知ってもらうこと

②その問題を解決することに意義があるということを広く知ってもらうこと


が挙げられます。


そのためにまず大事なことは、

どの人に(ターゲット)

どのようなメッセージを

どのように(手段)

伝えるのか
を考える必要があります。


多くの人に関心を持ってもらうためには、

わかりやすい(小学生にも分かる)

そして

共感を得るような

メッセージを準備する必要があります。



そして、メッセージは広く一般的に伝えるのではなく、

ターゲットを分けてそれぞれに刺さるように


作り分けるほうが効果的です。

そういうメッセージの準備ができれば、

今度は発信。

イベント
講演
ブログ
WEBサイト
Facebook
広告

など様々な媒体を利用して

共感を集めるように工夫してみてください。



そこで最後に注意点

何でも自分ひとりで全部やろうと思わないことです。

まずは簡単に始められるところから順番に。

行動することが重要です。

講演がハードル高いなと思われる方もいるかもしれません。

そういう場合は、だれかに講演を頼めばいいのです。

要は社会に知ってもらうことが目的ですから、
あなたがすべてをやる必要はありません。

そんな感じで、まず簡単なところから順次発信してください。





 

一般社団法人設立&運営サポート行政書士 太田 吉博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ