なぜ私が寄付をするようになったか。 | 一般社団法人設立 まごころ相談室

一般社団法人設立 まごころ相談室

一般社団法人を活用したヒット資格の作り方を伝授するブログ。ボランティア団体の立ち上げ、営業、行政書士の知識経験を基に伴走型起業支援行政書士の太田吉博がお伝えします。

私は数年前から「あしなが育英会」に寄付をしています。
 

とは言っても恥ずかしいくらい少額ですが。。

 

本来であれば、こういうことは言わないもので、
私も今まで人に言ったことはありません。

(少なくて言うのが恥ずかしいと言うのもあります)

 

ただ、今回敢えて公表したのには訳があります。

 

 

なぜ私が寄付をするようになったか。
ということをお伝えすることで、

寄付する側の見方の参考になるかと思ったからです。

 

 

 

私は「三浦綾子」さんの本が好きで

その影響から私も少しでも寄付をしようと思い、

寄付先を探しました。

 

 

そのころ子どもが生まれたばかりでしたので、

子どもに関わるところでどこか寄付できるところはないかをインターネットで探しました。

 

 

本当は身近な知り合いにそういう活動をしている人を知っていたら、そちらに寄付をしていたでしょうが、

残念ながら知り合いがいなかったので、インターネットで探しました。

 

 

寄付はすることに意味があると思いながら、

やっぱり有効に使って欲しいという思いもあります。

 

どういうことに使われるのかなということを調べていました。

 

あとは、この団体は大丈夫かなという安心感というところも重視していました。

 

となるとやっぱり名前の知られている有名なところに寄付した方が安全かなと思い

「あしなが育英会」に決めました。

 

 

 

振り返ってみると、

①団体がどういう活動をしているか知りたい

②寄付がどのように使われているか知りたい

③その団体が安心か知りたい

 

逆にこの3つの要素をきちんと伝えることができなければ、寄付を集めるのは難しいのかなと思いました。

 

 

あなたの団体がもし小さくて安心感を伝えられないと

不安を感じる方がいるかもしれません。

 

 

しかし私は、

当時知り合いがいなかったので、有名なところにしましたが、もし信頼できる方からの紹介であれば、

安心ですので、そこに寄付をしていたと思います。

 

 

確かにまだまだ寄付をする人は少ないです。

 

 

でもきちんと寄付を求めている事を発信して、

上記の3点を意識し、共感を得れれば寄付も集まってくるのではないかと思います。

 

また、もう少し細かいところについては改めて発信します。

 

 

 

一般社団法人設立と運営に必要なノウハウが、わずか7日間でわかる!


無料メールセミナー「ゼロからわかる一般社団法人のつくり方」
 

登録はこちらから

 

 

 

一般社団法人設立&運営サポート行政書士 太田 吉博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ