お客様は何を購入するのか?メッセージを考える前に。 | 一般社団法人設立 まごころ相談室

一般社団法人設立 まごころ相談室

一般社団法人を活用したヒット資格の作り方を伝授するブログ。ボランティア団体の立ち上げ、営業、行政書士の知識経験を基に伴走型起業支援行政書士の太田吉博がお伝えします。


テーマ:

なぜ、あなたの製品が購入されサービスを利用されるのでしょうか?

 

それはベネフィットがあるからです。

 

 

ベネフィットとは利益、恩恵、便益を意味することばで
マーケティングの本とかに出てきます。

 

あなたが提供する製品を持ったり、

サービスを利用することで、
メリットを感じるからです。


なのでより多くの人に購入いただいたり、

ご利用いただくためには、
そのメリットを伝える必要があります。


そのメリットを伝えるためには、

お客さんがまず何を買っているのかを

知る必要があります。


「何を買っているかって、この商品以外に何か?」
とお思いの方もいるかと思います。

 

商品を買う前やサービスを利用する前には

お客様にはいろんな期待があるかと思います。

 

ちなみにその期待というのは製品特徴ではありません。

 

例えばお客様は

「外断熱工法」を期待しているのではなく、
寒さ暑さを防げる快適な暮らしを期待しているのです。

 

 

そしてお客様は期待も含めて購入の選択を下しています。

 

 

 

少し具体的に例を書くと、

 

・電話をしたときに明るく対応してもらえるか

・資料を送る約束をしたときにすばやくくるか

・私の問題を解決してくれるか

・会ったときに押し売りされないか

・約束はきちんと守るか

・価値がきちんとあるのか

・利用したときの周りの評判はどうか

・信用できるか

・きちんとした対応をしてもらえるか

・スムーズに支払いができるか

・誠実であるか

 

など等

 

 

上記の期待を上回るなと判断されたときにお客様の購入が決定されるのです。

 

具体的な伝え方は、

また別の機会に書かせて頂きますが、
まずは、あなたの製品・サービスに期待されている事を考えてみてください。

 

 

 

一般社団法人設立と運営に必要なノウハウが、わずか7日間でわかる!


無料メールセミナー「ゼロからわかる一般社団法人のつくり方」
 

登録はこちらから

 

一般社団法人設立&運営サポート行政書士 太田 吉博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ