あにまる365 青島ねこ一斉TNR記① | NPOあにまる365-人と動物の架け橋-

NPOあにまる365-人と動物の架け橋-

愛媛県の松山市保健所で殺処分となるところの犬や猫を救い出す活動をしている動物愛護・保護団体です。
新しい家族につなげるための譲渡会もほぼ毎週開催しています。

また、殺処分を減らすための啓発活動、不幸な命を増やさないための活動(TNRなどのお手伝い)なども。


テーマ:
【あにまる365  青島ねこ一斉TNR記①】
−ちょっと長くなりました💦−

当初9月初めの予定が、台風接近でほぼ1ヶ月ずれ、またしても台風の影響で1日遅れて10/2スタートした
どうぶつ基金さんによる「青島ねこ一斉TNR」

あにまる365からは総勢5名がお手伝いに関わる事ができました。

青島、1日目は4名が参加。

捕獲作業に回ったメンバーと
残りは保管場所の設営

保管場所となる建物の床にブルーシートを敷き詰め新聞を広げペットシートを敷く。
ひたすらケージの組み立てやケージを置く場所作りをし、寄って来る子や次々と捕獲されてくる猫達を整理しながら、並べる。
1段では足りないので、重ねて2段に。

ケージが足りなくなってきたので1匹だけのところを2匹以上に相性見ながら入れ換える。(ひかりと希望さんとの共同作業)

100均のワイヤーネットと結束バンドで作ったケージの結束バンドをカットしてやり直すので、逃げられたりも…

普段使ってる450ケージも強者は壊す勢いで暴れて、実際に逃げた子も。
450ケージの扉を結束バンドで補強したりもした。
ケージから逃げだし建物の網戸を押し倒して脱走❗️網戸は窓を全開にしてるのと同じです❗というのを目の当たりにした。(参加メンバー談)

メンバーが倉庫の裏に落ちた網戸を拾いにいって長さ5cmほどの錆びた釘を踏み負傷💦イソジンで消毒して捕獲作業続行💦

ほぼほぼ午前中に120匹以上捕獲。
その子達にご飯をあげる。

ここでやっと休憩。

休憩後はケージが足りないので、捕獲のペースがダウン。
そこで、獣医さんにより急遽耳カット(不妊手術済みのしるし)されてる子達のワクチン接種とレボリューションが塗布され、私たちはケージの中でマジックでしるしつけして、リリース。

あいたケージや捕獲機の洗浄消毒をして、新たに捕獲された子を入れてもらうの繰り返しを時間ギリギリまで行う。

ボランティアの数が少なかったため、設営班の中には水分補給すらできなかった者もいた💦

クギを踏み抜いたメンバーは捕獲器からネットに移し替える作業中ネット越しに噛まれたり、朝から捕獲班に従事していたもう一人のメンバーはほぼ素手で捕獲を試み(笑)傷だらけに。彼女の笑顔は誇らしげでしたが(笑)

ここではあくまでも、私たちあにまる365  のメンバー目線で書いています^_^

画像はメンバーが撮影したものを持ち寄って全部で6枚ほど(笑)

連絡を取り合うためにスマホは必需品ですが、画像撮る暇などはありませんでした💦

メンバーそれぞれが目に焼き付けています。

全体の様子は「どうぶつ基金」さんのところでご覧ください💦

②に続く~m(__)m



NPOあにまる365-人と動物の架け橋-さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス