新時代の幕開け‼️ | 名古屋フィジカル・フィットネス・センター 粋々健幸ライフ

名古屋フィジカル・フィットネス・センター 粋々健幸ライフ

見た目が格好良くて、遊び心を知っている人、それが粋な人です。肉体も心も健全で、その健康を手段に、自分流の素敵な人生を楽しむ。ご購読の皆さんと一緒に健康で幸せな人生をつくる「健幸ライフの創生の場」となりますことを願っています。


テーマ:

みなさん、新元号「令和」の時代をご一緒に迎えることができましたことに感謝いたします。

昨日、平成最後の日、みなさんはどんな1日でしたか?

この平成時代30年間を振り返っていらっしゃったでしょうか。。。

そして、今日、令和の第一日目、いかがお過ごしでしたでしょうか?

新たなる時代に大いに期待し、叶えたい希望を心に描かれていらっしゃったでしょうか。。。

人それぞれの過ごし方があったことでしょう。

そこに良い、悪いはありません。

でも、時は片時も止まらず平成であろうと令和であろうと一刻一刻刻まれています。

元号が変わることに、意味はあると思います。でも、それは人間(日本人)が意味づけをしただけのことで、先の時の話のように、平成であろうと令和であろうと何にも変わりはありません。

何が言いたいのか。。。

新たな元号に変わり、気持ちも新たにまた前進していこう、という気持ちに多くの方がなれることは素晴らしいことであり、そこには時代を動かす大きなエネルギーが生まれる可能性があると思います。

でも日々の生活に何も変わりはなく、その瞬間瞬間に力を注いで生きていく、その繰り返しなんだと思います。

ただ、人間はついつい惰性に流されてしまうところがあり、そうしたときに、生活の中にアクセントをつけるライフイベントを意識的にも造ってきたのではないでしょうか。

天皇制を未だ引き継ぐ我々日本人にとって、元号が新たになることには深い意味を感じるものなのでしょうが、それも長い歴史の中で日本人が作り上げてきた文化の1つに過ぎず、そこにあまりにも大きな期待、あるいは他力本願的になることはナンセンスではないかとも感じます。

私は講演会でよくお話しすることの1つに、「健康づくりに盆も暮れもないですね。毎日の小さな実行の積み重ねのみが健康を手に入れる唯一の方法です。」というものがあります。

お盆だから、お正月だから、そこには特別な日、特別な意味がある日だから、運動はお休みしよう、というのはナンセンスということです。

お盆やお正月はライブイベントのひとつであり、1つの節目という意味はあるでしょうが、そのことと日々のやるべきこと、その今にかけることにライブイベントは関係はないという事です。

令和元年の1日目が終わろうとしています。

でも、長いこの地球の歴史にまた新たな1日という日が刻まれるに過ぎないのです。

多くの方がこの令和という新時代に新たに進んで行こうという前向きな気持ちになっている、そうした場に生かされていることに感謝をしつつ、これまで同様に自分に求められたことに集中していきたいと思います。




NPFCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ