あなたは褒め上手? | 名古屋フィジカル・フィットネス・センター 粋々健幸ライフ

名古屋フィジカル・フィットネス・センター 粋々健幸ライフ

見た目が格好良くて、遊び心を知っている人、それが粋な人です。肉体も心も健全で、その健康を手段に、自分流の素敵な人生を楽しむ。ご購読の皆さんと一緒に健康で幸せな人生をつくる「健幸ライフの創生の場」となりますことを願っています。


テーマ:

人は褒められて成長すると言いますね!

子供の体育指導でも、基本は「アメ」をどう与えるか、です。

しかし、実は、この褒めることはなかなか難しいです。

なんでも褒めれば良い、としてやっていると、子供たちは褒められなければやらなくなってしまいます。

褒められることが目的になってしまうわけですね。

この新聞の記事にもある通り、できたこと、その結果を褒めるよりも、何を努力したのか、工夫したのか、そこを褒める。

すると褒め言葉も変わってきます。

結果を褒める言葉は、あなたはすごい!素晴らしい!という相手を褒め称える言葉になります。

しかし、相手の努力、工夫を褒める時は、褒める側の人が感動した言葉、あるいは共感の言葉になります。

「嬉しいね!」
「気持ちいいね!」
「スカッとするね!」
「なるほどね!」
「やったね!(共に喜ぶ!)」

これまでの時代は、「成果主義」、あるいは「成果の文化」でした。

どうやって良い成績をとるか?それは子供も大人も同じです。

そして子供も大人も疲れています。

時代は変わってきています。

新しいパラダイムが生まれてきています。

何を成し遂げたか、よりも、どうやって成し遂げだか。

そのプロセスを重んじる文化に変わりつつあると思うのです。

ですから、褒める点も変わってきます。

チェインジ&チャレンジ‼️

変わることを恐れない!

そして、実践していく!

新たなる時代の到来です‼️


NPFCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス