バレエをもっと身近に、バーミンガム・ロイヤル・バレエミュージアムの試み | 相模原市のバレエ教室のコラムー野沢きよみバレエスタジオー

相模原市のバレエ教室のコラムー野沢きよみバレエスタジオー

相模原市中央区淵野辺のバレエ教室 野沢きよみバレエスタジオは小さな子供たちのバレエの指導には長年の実績があり、幼稚園や保育園からもバレエのレッスンに高い評価をいただいているので、安心してバレエ始めらます!

イギリスの有名なバレエ団の一つ

バーミンガム・ロイヤル・バレエ団では

2024年6月26日から7月2日までの1週間

 

限定ですが

ミュージアムの

ウォーターホール再オープンを

記念してバレエ団の

舞台裏を公開

 

一般の人が

鑑賞できるインベントを

開催するようです

 

プログラムの内容は

 

 

 

バレエ団のダンサーのクラスの

受講や視聴

 

公開のダンスパフォーマンス

衣装やウィッグ、靴の展示

 

 

 

舞台芸術の仕事について

知りたい若者向けの

「バックステージキャリアデー」

 

 

 

有料イベントでは、

特別な「チュチュの作り方」

 

 

 

また

バレ団付属管弦楽の

音楽家による

室内楽コンサートの開催

 

 

 

など、

 

普段

バレエに親しみのない人々のために

バレエを身近に感じてもらい

バレエを理解してしももらう

様々な催しが開催されるようです

 

 

 

 

 

そのことが

よくわかるのは

家族向けのオープン デー

 

 

 

 

 

学校や学習障害のある

ダンサーのためのコミュニティグループ向け

のワークショップに招待されることです

 

 

こうした試みや

イベントは

海外のバレエ団の

催しとして

よく開催されており

決して特別なことでは

ありません

 

しかし

 

バレエ団と市民の

人々との交流

 

バレエをもっと

身近に感じてもらい

市民生活の中に

バレエが当たり前に

存在していることを

再認識させ

 

バレエやバレエ団との

市民との距離を

なくす工夫や努力は

 

もちろん

日本でも

行われてはいますが

 

日本のバレエ界でも

もっと多く

できるようになれば

いいのになあ〜

 

 

このニュースを見て

感じました

 

 

 

バレエに感謝

 

 

 

シルエットのバレエダンサー

 

 

 

相模原のバレエ教室なら

 

野沢きよみバレエスタジオ