もっと通じる英語に! シュワキマセリ♪ | もっと通じる英語の発音! by小川直樹

もっと通じる英語の発音! by小川直樹

元大学教授の英語音声学者、小川直樹が、英語発音をよくする練習法、誰でもできる、確実に上達する方法を述べていく。


テーマ:
もっと通じる英語に!
シュワキマセリ♪
 

サンタMerry 
   Christmasクリスマスツリー

クリスマスイブに上智大学の卒
業生ミサに出ました。
 
   今やビルが林立する上智大学。中央のビル
   の十字架は四谷のクリスマスの定番風景。
 
1,000人くらい集まった大きなミ
サでしたびっくり

聖歌隊が歌った最後の歌は、「諸
人こぞりて」
です。
 
 ミサ終了後の様子なので、人が少ないのです。

その歌のサビは、「主は来ませ
り」
です。

とっても有名な聖歌です音譜

否が応でも、クリスマス気分が
盛り上がりますアップアップ
 
 
 
 
そういえば、前回のブログで、
こんなことを書きました。

シュワーは多く使われる母音で
ある
、と。
 
記号はこれ↓↓

実は、英語の母音の中で一番使
われる母音
は、このシュワーな
のです。

え、そんなに使われるのかって!?

例えば、Christmasという単語。

-masでシュワーが来るんですガーン

まさに、
シュワー来ませり!
 

gentlemanでは-manに、
そして
gentlemenでは-menに、
シュワー来ませり、なのです。

だから結局、
両者は同じ発音ということ。

だから、単複の区別は、文脈頼
ですアセアセあせる
 

では、どうしてChristmasや
gentleman、gentlemenにシュワ
ーが使われるんでしょう。 
Why?ショックはてなマーク

実は…

英語では、
1回の強勢の範囲(1拍
では、1個しかはっきりし
た母音は使えないのですガーンあせる

強勢を持つ母音は、発音の主役

主役は、はっきりした顔をした
なのです。

それは一人だけ乙女のトキメキ

例えば阿部寛H-IIAロケット

一方、強勢のない母音は、
どれも目立たない母音なのです。

俳優で言えば、印象の薄い顔、
非イケメン顔の人

温水洋一とか、下町ロケットで
言えば、元お笑い芸人の今野
浩喜みたいな。

あくまで脇役に徹してる
んです

そうやって、主役を目立たせて
いるんです

英語の母音は、そういった主役
と脇役の役割分担が、はっきり
しているんです。
(この役関係は、母音だ
けじゃないんです。文中でどの
単語を目立たせるか、ってこと
にも当てはまります。名詞や動
詞などの
内容語が主役。代名詞
や助動詞、前置詞などの
機能語
は脇役。)

で、この典型的脇役の母音こそ
シュワー
なのです。

彼は、絶対に出すぎた振る舞
いはしないんですびっくり

常に一歩引いているんですあし

まさに脇役のプロフェッ
ショナルおーっ!あせる
 
でもおーっ!あせる
日本語は平等主義

日本人らしいのです。

だから、日本人が英語を発音す
ると、全母音が主役のつもりの
発音になってしまう
滝汗<やべ~

すべてが中途半端に目立ってし
まう
のですよ叫びあせる

結局、
本当の主役が光らない
んですガーン

出演者がみんな阿部寛並み
に顔が濃かったら、わけわか
んなくなっちゃいそうでしょ
えー?汗
(でも、神田正輝とか、吉川晃司
とか、杉良太郎とか、古舘伊知
郎とかキャラは濃いけど…)。

ネイティブからしたら、どれが
主役なのか不明
というわけ
なのですえーん
 
 
 
じゃ、この単語はどうですか?

breakfastパンコーヒー

これ、もともとbreakとfast
(断食)を組み合わせて作った
単語。

もともとfastの発音はこうです
↓↓
 

でも、組み合わさって1つ
単語になると…
 
      実際の発音のイメージを表すため、
      文字の大きさを変えています。
 
-fastの母音は変わってしまう。

シュワー来ませり、なのです!

-fastの母音は、自分は脇役と割
り切ってしまうんです。

脇役に徹してしまうんですにやり

なのに、日本人英語学習者の中
には、単独のfastと同じ母音で
言おうとする人がいます…ガーンあせる

主役は一人でいいおーっ!
んです!

ちなみに、主役break-の母音は、
[
eI]から[ɛ]に変わってしまいます
一応念のため。

ま、とにかく、
英語では強勢のないところ
は、弱い母音を使うのです。
 
その代表はシュワーだというわ
けです。

弱き人のところに主は来ませり、
弱い音節にはシュワー来ませり、
というわけです。
 
 
 
 乙女のトキメキ アメリカ 予告!イギリス乙女のトキメキ
春頃に、シュワーのセミナー開催
します。これ、誰もやらないセミナー
ですょ
 
でも、英語で一番多く現れる母音
はシュワーなんです。
 
この母音を使えるようになると、
あなたの英語は、英語っぽくな
りますよ!!
 
なお、セミナーでは、ここでの説明
とは違う、もっと、直感的にわかり
すい説明をします。
 
シュワーは、文字では説明しにく
いからです。
 
 
 

小川 直樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス