もっと通じる英語に! 小学英語は発信英語、大事なことは? | もっと通じる英語の発音! by小川直樹

もっと通じる英語の発音! by小川直樹

元大学教授の英語音声学者、小川直樹が、英語発音をよくする練習法、誰でもできる、確実に上達する方法を述べていく。


テーマ:
もっと通じる英語に!
小学英語は発信英語、大事なことは?
 
 
 
前回も書いたように、小学校で学ぶ
英語は、発信・コミュニケーション
のための英語

従来の験英語のように、信のた
めの、身で学ぶ英語じゃないんで
す。

では、英語で重要なのは?

発音?口笛

もちろん、大事です。

でも、もう一つ
重要なことがあるんです。

それは…

コミュニケーション能ビックリマーク

つまり、知らない人と話せる力
(知らない人と話すんだから、ニコ
ニコとした表情
も伴ってないとい
けません)。

なぜ、これ? Why?ガーン

だって、何のために英語、とりわけ
信英語を学ぶのか?

英語は、外国の人と話すための道具
だからです。

外国の人って、知らない人ですよね。

そんな人と、臆さず、堂々と、しかも
仲よく話せる力が必要なんです。
 
 
 
 
◆受信英語では養われない力

知らない人と臆さず仲よく話せる力。

これ、受信英語を学んでた時代の人
には、ない力です。

例えば、京都やら、浅草だとかに
学旅行
に行くバス

そんなとき、外国人観光客に話しか
けられようものなら
チーン
 
昭和の中高校生は、ドキマギ
あわてふためいたものです。

そして、
「おまえ、行け!」えー
「いや、おまえのほうが、英語
得意だろ」プンプン
などと譲り合うのですガーン

昔の英語教育は、謙譲の美徳
大事にする、奥ゆかしい教育
だったわけですラブ

しかしながら、
これじゃ、世界を目指す
コミュニケーションには
ならない。
 
 

◆21世紀の英語教育で必要なこと

子どもに、堂々と、かつ、にこやか
に、英語で話す能力を身につけさせ
たい。

そのためには、どんな指導
したらいいんでしょう?

先生が、
英語をラブラブ楽しいもの音譜
として教えることです。

ブッチョウ面して、英語を教えてた
ら、子どもはこう思うでしょう。
 
英語なんてつまらない
と。

ちなみに、つまらない、面白くない
と思ったら、脳は働きません。
(林成之(脳神経外科医)『脳に悪
い7つの習慣』(幻冬舎)参照!)
 
 
 図解版
 
 

さらに…

厳しく英語を教えたら、子どもは
こう思うでしょう。

間違えたら、怒られる
んじゃないか、って。

子どもは、英語を口に出すたびに、
委縮するわけです。(嫌々気分で
勉強したって、脳は働かないですよ。
『脳に悪い7つの習慣』参照!)

昭和の人の多くは、そんなムキー先生
たちから英語を教わりました(今でいう、
アカハラ、パワハラ?)

だから、いざ英語を話さねば、とい
う段になると、顔をこわばらせる
です滝汗

そして、ついつい譲り合いの精神
発揮してしまうのです。

平成も間もなく終わろうとしてい
る時代です。

そんな教え方、そんな英語学習者の
姿は、過去のものとしないといけな
いのです。

だって、楽しく学んだら、
一人でも勉強するんです。

鉄道やプロレスなどのマニア
ヲタクって、そういう人たちじゃ
ないですか。

彼らは、厳しく指導されて詳しくな
った、わけじゃない。

あくまで、好きだから、楽しいと
感じたから、深めていった人たち。
 
それが、キラキラ人並外れた力キラキラ
となるのです。

ちなみに、彼らは、自分の専門分
野のことを話すとき、楽しそう
話しますニヤリ音譜

普段は、コミュニケーション力など、
なさそうな感じであっても…。

好きなことは、人を前向きに変える
んです。

21世紀に英語を教える者は、そこ
を忘れないようにしたいですね。
 
なにしろ、英語は知らない人と通じ
合う道具

ブッチョウ面じゃダメ! にこやか
が必須なんです。
 
 
◆9/22(土)より月1回×3か月
「音声英語指導研究会」
http://www.hth-c.net/archives/2509
 
 
実践英語教育塾 9月!
9/15(土) 開催予定!
詳細は↓↓
http://www.hth-c.net/archives/2587

 ◆8/19(日)
「UK発音入門講座」
http://www.hth-c.net/archives/2494
 秋以降、UK発音講座各種開催!
 ⇒ http://www.hth-c.net/
 
 
◆英語を使う人のための英文法講座
9/2(日)  使役・SVOC構文
もう使役動詞で焦らない!
http://www.hth-c.net/archives/2436
 
 
 
 

小川 直樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス