もっと通じる英語の発音! by小川直樹

元大学教授の英語音声学者、小川直樹が、英語発音をよくする練習法、誰でもできる、確実に上達する方法を述べていく。


テーマ:
発音教育を考える
神奈川大学で英語教員向け発音研修!
 
 
 
 
この記事、前半は2/10のFBに載せた
ものとほぼ一緒です。
 

でも、このブログの後半では、もう
ちょっと具体的に、どんな内容を話
したか、報告します
ビックリマーク
 
 
 

◆神奈川大で英語教員向けに講演!!
 

昨日2/9は、神奈川大学で講演しま
したおーっ!
 
 

神大では、12月には、学生向けに
ゲスト講師として1コマ講演(授
業)させてもらったんですけど…
 

今回は、教員向け
の研修会キラキラ
 

しかも、神大の新しい学科である、
国際交流文化学科(売り出し中の
人気学科かと)での研修会。
 

そこで、英語を担当している先生
方のための
研修会というわけゲッソリ
 
 
専門家の集まりって感じですびっくり
 
 
この日は、年度末で、専任教員と
非常勤教員の先生の打ち合わ会の
一環としての研修会。
 
なので、なんと、40人くらいあせる
お集りいただきました!
 

実は、ネイティブの先生も数人ご
参加叫びあせる
 

そんな英語の専門家の方々でも、
発音指導というと、話は別なよう
です。
 

あ、講演のタイトルは
発音指導の基礎とは何か?
でした。
 

従来の発音指導では見落とされて
いるけどアセアセ
本当はそこが大事なんだよ、って
いうポイントを話したんです。
 

まあ、ボクが普段、話しているこ
となんですけどねニヤリ
 

それを、ちょっとばかり専門家向
けに情報量濃くアレンヂ。
 

でも…おーっ!
 

「こんにちわ、ディーン・フジオ
カです」と始めてみたんだけど、
ダダ滑り…叫び叫び叫び汗汗汗
 

小学校の先生の研修会だと、ここ
中爆笑(?)は固いんだけどなぁ…
ニヤニヤ汗
 

そんな、重々しい学会発表のよう
な中で、研修会はスタートショック
 
でも…

実は、研修会担当の先生から、終
了後、今日は皆さん、反応良かっ
たですね
音譜、と言われたんですガーン
 

あ~、最近、小学校の先生の研修
が多いから、大学の先生の気質を
忘れつつありましたアセアセ
 

実際、研修会の最後には、ネイティ
ブの先生からも、ご質問いただき
ました。(ネィティブの先生だって、
発音指導には苦労しているんです。)
 

また、その後の懇親会(なかな
か豪華でした)では、かなりあれ
これ観想をいただきました。
 

関係者の皆さん、熱心にご参加
ありがとうございましたキラキラ
 
 
 
 
◆講演内容はこんなこと
 

じゃ、実際、どんなことを話したか
というと…
 

主なポイントは4つ
 
 
 
◆1.日本人が抱える根本問題
 

まずは、なぜ日本人は英語らしい発
音ができないのか、その根本原因は
 

何か?
 

これは、口の動きの問題と
の問題。
 

ここを最初にきちんと解決しない
から、英語らしい発音が身につかな
いわけです!
 

なにしろ、日本人は口の動きが小さ
わけです。
 

それじゃ、英語のような様々な音、
微妙な発音の差は、表現できない
わけですアセアセアセアセアセアセ
 

声の音域(高低差)も狭い。
 

日本語の音域は、英語の音域より
はるかに狭い
 

その狭い音域でいくら頑張っても、
英語の音域は再現できないえー?
 

生き生きとした英語らしさが再現
できないということですガーン汗
 

これらの件、本当はもっと詳しく論
じました。
 

でも、とりあえずこのくらいにしと
きます。
 
 
 
 
◆2.母音四角形の読み方
 

2番目は、母音四角形の読み方の
問題。
 
この四角い表、みんな嫌いです。
(この図ならちょっとまし?)
 

難しいから…ショックあせる
 

でも、それは、1つずつ音(記号)
を扱おうとするから
 

全体として扱うと、全然難しくない
んですょビックリマーク
 

日本人だって、
全部出せるんです。
 

具体的なことは、ボクの『イギリス
英語発音教本』
(研究社)を見ても
らえばわかります。
 

実は、英語の専門家でも、こんな見
方を習っていないので、気づかない
叫びあせる
 

でもね…
 

教わったことに対して、何の疑問も
抱かず、そのまま、同じことを教え
る。
 
なんかおかしいな、とか難しいな
とおもいつつ…。
 

教師は、そんなことをしがちじゃな
いですか。
 

でも、これじゃ、教育の中身はいつ
までも変わらない
ですよえー?
 

ボクは、この表の読み方で、難しい
ことは一つも言ってないはず
ニコニコ
 
 
でも、この見方を教えると、みんな
びっくりするんです
おーっ!
 

そこに気付いて~!
っていう例ですね。
 
 
 

◆3.LとRにまつわる誤解・迷信
 

3番目は、LとRの問題。
 

日本人が、えらく誤解してる問題
です。
 

そして、その誤解を、ちょっとばかり
インテリの人が、声高に言いふらす
ガーン
 

なので、その誤解は、いつまでたっ
てもはびこっている
ぼけー汗
 

本当は、この問題、もう数百年も
前に解決していたはずなのに…。
 

日本にヨーロッパから宣教師十字架
やってきた。
 
例えばこういう人(画像はネットから)
 
 
彼らは、日本語を観察して、
彼らの文字で書き留めた。
 

つまり、ローマ字で、ラ行は、どう
表記されるのか
、って話です。
 

それを考えれば、日本人が学べきは
(つまり、足りないのは)、Lなのか
Rなのか、すぐわかるはず。
 

ですよね?
 

ちなみに、ご参加のネイティブの先
生から、pleaseやplay、prayなど
の子音連結での指導法は、という
ご質問をいただきました。
 

発音のお手本が示せるのと、日本人
学習者を指導する、というのは別な
んだ、ということなのです。
 
 
 
 
◆4.リズムの等時性の問題
 

リズムの練習でよく使われる練習
法で、「リズムの等時性」の例文セ
ットがあります。
 
 
こういうの↓
 
 

これの指導法、間違ってる人、多い
んです。
 

とにかく早口で言う練習になっち
ゃってるんです
あせる
 

そうじゃない!
 

早口になるのは、機能語(代名詞・
助動詞・前置詞・冠詞・接続詞)の
ところだけ。
 

しかも、
日本語の早口言葉と違って、
不明瞭になるんです
汗
 

明瞭じゃダメ!
 

一方、内容語(名詞・動、詞・形容
詞・副詞など)の強勢母音は、ゆっ
くり
じゃないとダメ。
 

この、コントラストがない、
早口言葉なんて、全然
英語じゃないのです!
 

そこに気付いて!って話です。
 

という話を、大学で英語を指導して
る先生方に、お伝えしてきたのです。
 

コンピューターで音を分析してい
る音声学者は、いっぱいいます。
 

でも、学校で求められているのは、
人を相手に、アナログな発音指導
のできる音声学者。そういう人は
少ないんじゃないかな 
              音譜ウインク音譜
 
というわけで、2/24(土)は、
実践英語教育塾
の開催日!
 
今の英語教育は、ただただ、自分
が習ったことをそのまま伝える、
じゃ成立しませんよね!
 
英語教育の基本の考え方と、実践
指導法の両面を学びます。
http://www.hth-c.net/archives/2322
 


 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

小川 直樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。