主婦の秘め事

30代主婦はいろんなことを思う


テーマ:

昔の会社の近くでクライアントとミーティングがあった。結構大会議でちょっと疲れたけど、終わってから「もしかして・・・誰か知っている人いるかな??」と寄ってみた。

まだ18時半というのに私がいたフロアーには2人しかおらず残念。でも辞めて8年くらいになるのに2人とも私のことを知っていてくれていた。


上のフロアーに上がって、休憩室を覗いたらなんと同期の男の子が!!

「久しぶり~・・・(って名前何だっけ?)」とちょっとこわごわしてたけど、お茶を入れてくれて二人で休憩室で近況とか噂話を話し合ってしまった。仕事のことあり、家庭のことあり、他の同期のことあり。

あの頃は若くて、未熟で、世の中のこと何もわからず、それこそ大人の恋愛もまだよくわからずにいたけど、こうして子供のこと、家の購入の話や海外出張でこんなものを買い付けさせられただの話していて不思議な気持ちだった。

彼に恋愛感情はないけれどなんか暖かくてほわっとした気持ちにさせられた。

活躍している彼を見て、また自分も頑張らねば!と思った。


毎日の水やりだけではなくて、たまには心に栄養を与えてもらえることって大事ね。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

本日はお友達と青山の「Riva degli Etruschi 」にてディナー。

ここは雰囲気がいいのだけど夜はお客さんも少なくてちょっとさびしいかなぁ・・・。

ゆっくり話ができてよかったけど。ランチの方がいいかもしれません。

お食事はとっても美味しく、お腹苦しいです。


海外で大学を卒業した(かなり)年下のお友達。就職活動中。今日はそのお祝いでした。

初めて出会った彼女が10代の頃から比べると、大人になったなぁって実感しました。

当たり前で、大人になってくれていないと困るんだけど、昔は突っ走っていたからね。

普通に政治の話、経済の話、法律の話、会社の話を一緒に出来るようになるなんて想像していなかった。

彼女の成長を誰よりもほほえましく思い、また改めて彼女のよき姉御でいられるよう努めなくてはと思った瞬間でした。


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

試写会で一足早く「そして、一粒のひかり 」を拝見しました。


南米で問題になっているドラッグの運び屋。主人公の女性たちは生計のため、何粒も薬を胃の中に入れ運び屋をする。

この映画の中に出てくる人々はみんな暗い人生を背負っている。南米の貧しさが伝わってくる。

更に運び屋に落ちてしまう経緯があまりにも軽すぎて逆に真実味を帯びている。

若いせいもあるが、マリアも思慮深くなく、かなり突発的な人間だ。

でもその中である事件が起きたところでマリアは小さな光を見出す。


キーとなる人物がいる。運び屋の姉。彼女は自国を愛しているが故に悲観的でアメリカで自分の人生を強く生きている。彼女の演技は素晴らしかったと思う。


ちょっと重たい映画を観たい方にはお薦めです。

☆3

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

ふぅ、ようやく終わりました。発表会で「白鳥の湖」の中の「花嫁の踊り」を踊りました。

1年に一度とは言え、気合いが入ります。

毎年この1ヶ月はあまり他のことは出来ないものです。

終わってほっとしたのとさびしいのが一緒ですね。

今日からまた新たな一年でレッスンを頑張りたいです。

 |  リブログ(0)

テーマ:

毎回楽しみにしている馳星周さんの新刊♪

いやー、今回もおもしろいですねぇ。


刑事と女子高生。全くありふれた設定だが、そこに児童虐待という接点があることによってとてもおもしろくなっている。

自分の息子を虐待し、発覚を恐れる刑事。

親から少女~女になる時期に折檻を受け続けている女子高生。


馳ワールドへ引き込まれて、最後まで一気に読んでしまいそうです。


馳 星周
楽園の眠り



 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。