新作シナリオ【 友情結婚 】 -4- | Novel & Scenario (小説と脚本)

Novel & Scenario (小説と脚本)

お越しいただきありがとうございます。
このサイトはKATARAのオリジナル小説とシナリオを掲載してます。


テーマ:

 

 


●新橋・情景(夜)

 

 

 

雨が降っている。梅雨の雨。

 

 

英司の声「(先行して)いいのかよ新婚なのに飲み歩いて」

 

 


●居酒屋

 

 

 

 

幹男との待ち合わせに英司が遅れてきたところ。傘をテーブルのはじにかけたりして、

 

 

英司「(前シーンと直結で)うまくいってっか?」

 

 

幹男「あぁ、まぁ」

 

 

英司「どうした暗い顔して。喧嘩か。離婚か」

 

 

幹男「なに言ってんだ。これ土産。新婚旅行の(とABCストアの袋を渡す)」

 

 

英司「お、サンキュー。どれどれ(とあける)」

 

 


●トランプ

 

 

 

 

外国人の女性モデルのヌードが絵柄になっている。

 

 

英司の声「またベタなもん買って来たね。バカだろ?」

 

 


●居酒屋

 

 

 

 

乾杯を終えてつまみも来た頃合い。

 

 

幹男「(真顔で)いや実は、謝ることあって」

 

 

英司「誰に。俺に?」

 

 

幹男「二次会で紹介するって言ってたあの子、憶えてる? あの子のことで」

 

 

二次会で目が合った渚が短くインサート。

 

 

英司「なに。いいよ。いいって言ったろ(ビールを飲む)」

 

 

幹男「そお?」

 

 

英司「頼んでないじゃん俺」

 

 

幹男「だったらまぁ、いいんだけど。別の子紹介するよ。もっといい子」

 

 

英司「――彼氏いるって?」

 

 

幹男「え?」

 

 

英司「あの子。別にいいけど」

 

 

幹男「やっぱ気になる?」

 

 

英司「『やっぱ』ってなにさ。なってないよ」

 

 

幹男「ホントに?」

 

 

英司「しつけーな。そんなン言われたらどんどん気になってくるだろ(と冗談で言うが)」

 

 

幹男「うん――(真顔)」

 

 

英司「なに。なんなの。なんかあんの」

 

 

幹男「ま、二度と会うことないだろうしいいか」

 

 

英司「え?」

 

 

幹男「レズなんだ彼女。レズビアン。女が好きで」

 

 

英司「――そうなの?」

 

 

幹男「ついこの前カミさんに聞いた。新婚旅行の帰りに、飛行機で。俺は初耳で驚いて。あんな綺麗なのにもったいねーよな」

 

 

英司「――そう」

 

 

幹男「カミさんは大人になってから聞いたらしい。学生時代は言えなかったんだね。知ってからも別に、それ以外は普通だし、変わらずつき合ってる。性格はさっぱりしててむしろ楽だしって」

 

 

英司「そう」

 

 

幹男「いい人はいい人。俺も知らずに何度か会って話したけど。でもまぁ、そんなわけだから、しょうがない。ほか探すよ。今いないんだよな? どんなタイプがいいの最近」

 


★全文はこちらからどうぞ

 

 

 


 

▼クリック感謝! 
にほんブログ村 
人気ブログランキング 


★そのほか現在出版中のKindle本はこちら

 

September Rain September Rain
 
Amazon

 

 

Joker Joker
 
Amazon

 

KATARAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス