連闘で、アルテミスもあるかと指定申し込みをしていたが落選


矢作先生のメンバ評価もアイビーメンバレベルで負ける馬じゃないよと

敗因は

パドックで一番驚いていたのは

矢作先生のパープルハットだし!

返し馬で

川田は 手前替えを練習してたよ!

一度できていたし

落ち着いてたさ


1-2コーナー画像は是非みてみて
入れ込みじゃなきゃなに?
身体もできていたさ

結論!

風が強かったし

ヘアースタイルが崩れちゃ嫌だったと


おとめ が 鉄の女になるのは


来春さ


頑張ってな!


これをタタキと11月に使うのか

こぶし賞まで休むのか


阪神JNFは白紙だ


10月23日レース後コメント(6着)

矢作調教師「川田騎手は『馬場に出てからテンションが上がり、消耗してしまった』と話していました。装鞍所やパドックではおとなしかったのですが、ジョッキーが騎乗したことで急にスイッチが入ってしまったのでしょうか。レースでも多少力んだとはいえ、この馬の能力を考えると普通なら楽勝としておかしくない展開だったので、距離も長かったのではないかとも思い、ジョッキーに質問を投げかけてみましたが、距離の問題ではないということでした。ジョッキーが言うようにイレ込みによる消耗で粘りを欠いたのが敗因の一つだとしても、プラス体重での出走になったように皮一枚余裕があったことも影響したかもしれません。すみませんでした。上がりの歩様は問題なかったですが、前走後も次の日になってから疲れが表面化したので、帰ってからも注意して確認しておきます。今後については回復状況を見てから決めさせていただきます」