あけましておめでとうございます。
 
本年は昨年よりも良い1年になるよう
 
私なりの、弊社なりの、努力を
 
精一杯やってやろうじゃないか!
 
と、思っております。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 

 
本日が仕事納めでした。
 
例年の忘年ランチ会も今年は取りやめ。
 
何となく物足りない仕事納めですが
 
ここは我慢。
 
年末の池袋をパチリ。
 
 
来年はどんな年になるのでしょう?
 
去年の今頃も同じ内容のブログを書いてはいますが
 
今年がこんな年になるなんて
 
予想だにしていませんでした。
 
未来はわからないから面白いけれど
 
来年は良い年になりますよう
 
祈るばかりです。
 
皆さまも体調に留意され
 
良いお年をお迎えください。富士山

 

 

タイトル通り、日本初の女性総理大臣の夫からみた

 

総理大臣である妻「相馬凛子」の話です。

 

もちろんフィクションです。

 

痛快で爽快で、こんな総理大臣なら女でも男でもいいから現れてほしいなぁ

 

という理想的人物が描かれています。

 

 

ジャーナリストの国谷裕子さんのあとがきも、

 

データなどが盛り込まれていて興味深かったです。

 

最後の結末はとてもいいのですが

 

その直前が「ん?」という感じがしてしまいました。

 

でも、結果オーライなので、よいでしょう!笑

 

日記形式で書かれている本書は

 

「20XX年」です。

 

ということはあと80年以内!?

 

著者原田マハさん自身が「予言の書」と仰っているようですし

 

期待して待ちましょう!

 

私、存在しているかなぁ・・・?

よく訪れるお取引先。
 
広い敷地の横の方に回ると、こんな紅葉が拝めます。

これは先週撮った写真。
 
 
 
山にある一面の紅葉も綺麗ですが、
 
ビルの横に突然現れるこんな紅葉にもハッとさせられます。

そして今日は冬至。
 
お風呂に入れる前に撮ろうと思っていたのに忘れてしまった。
 
袋に入れて、浴槽に入れて、つぶしてしまった後の柚子。
 
でもとってもいい香りだし、温まります。
 
 
それにしても、冬至近くにやっと色づく都会の紅葉。
 
温暖化が進んでいるのでしょうか。
読書熱にも波があります。
 
最近は読書が捗ることが多く、
 
「積ん読」の山が少し低くなってきました(笑)
 
 
この3冊はどれも面白かった。
 
共通するのは
 
「知らない世界」を知ることができたこと。
 
もちろん、少しだけではありますが。
 
読まなければ、一生知らなかったかもしれないことを
 
知ることができるということは、とても大きな喜びです。
 
さて次はどんな本を読みましょう?
 
なんて、実は既に読みかけの本が3冊もあるのですが・・・。てへぺろ