131【続き】

 

1953年から、

 

1985年に

ゴルバチョフが書記長となり、翌年に

ペレストロイカ(改革)が始まるまでの間、

 

ロシア国内に
ハザール国家は存在することがなかったのである。

 

 ユダヤ人たちはそのままロシアに

 

【続く】
132【続き】

 

住んではいたが、もはや

ユダヤ人たちが

「国家内国家」をつくるようなことはなかった。

 

 ブレジネフの時代はロシア人にとって歴史上非常に

安定した時代であったといえる。

 

 ユダヤ人たちはこの時代を

「停滞」時代という。

 

【続く】
133【続き】

 

 革命が起きていなかったので、彼らにとっては

 

「停滞」と呼ぶにふさわしい時代なのである。

 

■■■第6章:ソ連崩壊の舞台裏

(ロシア人とユダヤ人の対立)■■

 

1991年8月のクーデターは

 

「ユダヤ第二革命」だった

 

【続く】
134【続き】

 

 共産主義体制崩壊後のロシアの政治を、

 

日本では、


改革派(民主系)と

 

保守派(旧共産党系)の対立を軸にしたものとしてとらえ、

 

そこに

中間派系、

民族派系などの

諸派が絡んだ政争の流れとして見ている。

 しかし、

 

【続く】
135【続き】

 

本当の問題は民族闘争なのである。

 

 ロシア人とユダヤ人の対決、

それがロシアで起きていることの根本にあることである。

 

◆1991年8月、世界を揺るがした

ソ連のクーデターはあっけない失敗に終わった。

 

 しかしその

 

【続く】
136【続き】

 

結果起きたことは、紛れもない
革命だった。

 

 これは
ユダヤ人によるクーデターであり、

「ユダヤ第二革命」と呼ぶべきものだった。

 

 過激派のユダヤ人たちは、
穏健なゴルバチョフ政権を倒して自らが

 

【続く】
137【続き】

 

政権を握ろうとしたのである。

 クーデター失敗後、
エリツィン・グループが政権を握ったが、

 

エリツィン大統領を取り巻くロシア政府高官のほとんどが

 

ユダヤ人であった。

 エリツィンは

ユダヤ人の妻を持つが、彼自身は

 

【続く】
138【続き】

 

純粋のロシア人である。

 

 しかし彼は頭が悪く、

しかも


アルコール中毒である。

 

 彼は使われているロボットにすぎない。

 彼の補佐官は

 

80%が
ユダヤ人であり、彼の補佐官の中には

 

20人のアメリカ人がいた。
 その

 

【続く】
139【続き】

 

アメリカ人の中でも指導的な役割を果たしているのは、


ジェフリー・サックスという

 

ハーバード大学の教授であり、もちろん
ユダヤ人である。

 

 (左)ゴルバチョフ (右)エリツィン

 ロシア国内のユダヤ人たちは、
8月クーデターで

 

【続く】
140【続き】

 

ロシア政府内の実権を握ったことを幸いに、

次に
海外のユダヤ人と相呼応して、
ロシア経済を支配下に置こうとした。

 

 そのため、欧米の、中でもアメリカのユダヤ資本が

怒涛のようにロシアになだれ込むことに

 

【続く】