江刺の稲 | キャベツ農家のつれづれ日記

キャベツ農家のつれづれ日記

~百姓修行中である農村青年のブログ~


テーマ:

こんばんわ星空


今朝は寒かった…


休憩中、畑から景色を見渡すと、

嬬恋の山々には初冠雪が観測されていました雪





さて、

今日は


1.1haの畑を収穫していたのですが、

キャベツも残りわずかになり、

畦の近くを切っていたところ


生命力に溢れているキャベツを発見しましたビックリマーク


キャベツ農家のつれづれ日記




このキャベツ、なんと畦で育ちました芽




おそらく、私が遊び心で余った苗を植えたんだと思いますが、その記憶は定かではありませんあせる




このキャベツ…


施肥も防除もされていなく、畦なので雑草だらけ。。


なのに、

こんな立派に育った…


実際に切ってみたところ、

2Lサイズにも達し、

周りのキャベツとなんら遜色なく育ちました!!






私が、

月1で購読している『農業経営者』という雑誌に、


「江刺の稲」というコーナーがあります。


この言葉の意味は、


☆用排水路に手刺しされ、そのまま育った稲のことで、全く管理されていない稲が畦の内側の稲より立派な成長をみせていること。です






今日発見したキャベツは、まさに「江刺の稲」。




土の不思議。

キャベツの不思議。

自然の不思議。

そして、生命の不思議を臭わせたちょっとした事件でした。。。。

キャベツ太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス