ONE MORE Purple 藤咲結衣 OFFICIAL BLOG

ONE MORE Purple 藤咲結衣 OFFICIAL BLOG

【底辺からの大逆転ストーリー】 をスローガンに掲げ、エモ、エレクトロ等を武器にしたラウドロックサウンドを常に進化させるオルタナティブロックバンド。 『ONE MORE Purple』 のピアノ担当者の藤咲結衣のブログです。



   ONE MORE Purple 藤咲結衣 OFFICIAL BLOG

     『藤咲結衣 BLOG ムラサキの鏡』

  ~ロックピアニスト藤咲結衣の公式ブログです~

 


OFFICIAL WEBSITE

http://www.purple-fizz.com/


 

 


 

久々になりますね。遅ばせながらですがまずは今年も宜しくお願いしますのご挨拶をしたいと思います。

バンドのHPにもあるように今後メンバーはブログやらないぶんなにかある時は自分がリーダーとして

このブログを使って話したりしないといけません、GMになっているゾロフランクもですが・・・

我々は特にnotorious PFの頃からのメンバーなのでPurple Fizzになってから来たメンバー以上にバンドをしっかり守らないといけないんです。そしてそんなPur-pe Fizzでさえもう過去のバンドになってしまい2020年からは「ONE MORE Purple」という名前でイチから出直しています。

 

 

去年の1年限定バンド「日本最底辺バンド」では色々と試した期間でもあり準備もしてきましたがそこで結構色んなボーカル候補者とやりとりしてきて、その中でも将来性の観点で加入に一番近づいていたメンバーもいましたが、どうしてもライブで必ずミスをしてしまうという課題を克服出来ぬまま2019年を終えてしまいました。結構荒治療的なやり方でも彼に発奮してもらおうとメンバーみんなでやってきましたがやはり歌のミスに関しては修正出来る力がないと戦えないわけです。これは趣味でやられているバンドさんでも歌に関しては特にシビアだと思いますみんな。ですのでその彼以外のテスト生数名と年末かなり加入に向けてやりとりしてきました。その数名の中で果たして誰がこのバンドの顔として、責任感も強くて意欲的なのか。短時間で見抜くことは結構難しいです正直。でも複数ボーカルで進めるわけにもいかずバンドとしては1月頭にすでにこのバンドとして初のライブも終えて2015年のようにいいスタートは出来ています。最後のピースがはまればきっとこの新バンドで今度こそPFで出来なかったことにもチャレンジ出来るものだと信じています。自分たちの人生でおそらくこのバンドが最後のチャンスだと決めているので誰を加入させるかで毎日かなり話し合ったり不意打ちのテストをしたり(笑)しているので長い長いトンネルの出口はもうすぐそこにある。そんな状態ですのでご期待ください。まもなく新作リリースになりますがもう候補生・テスト生全員で歌ってくれよっていうノリである意味新鮮な作品になっていますし・・・ でもウズウズしますね~。早く本当のONE MORE Purpleのカッコよさをみんなに見せたいです。去年までは癒やしとロックの共存をテーマにやっていたわけで、それをなくしてノーコンセプトで本能的に奏でたい音をやっていくというシンプルな方向性なので逆に難しいんですが一つ見えていることは、楽しいバンドというよりは本当にロックバンドとして聞いていても見ていてもかっこいい存在になるだろう。という音作りを進めています。

 

 

ベースだった苦殺が東北の実家に行ってしまったのも痛恨の出来事でしたが、彼もPFでやり残したことがたくさんあると言ってくれて、今後のドラムのレコーディングを担当するスペシャルメンバーとして再加入してくれています。(サポートでも正式メンバーでもないスペシャルメンバーです)苦殺はベース歴と同じくらいドラム歴もありHONOKAに匹敵する技術もある器用なプレイヤー。レコーディングは離れていても出来ますからね。苦殺の力が今後の新曲にも加わっていけるのは嬉しいことですし、苦殺の抜けた穴であるベースにはこちらは若手サポートでテクニックが半端ないMORIが加入してくれています。1月のライブは苦殺が気持ちだけでも参加させてくれ!と騒いだので、なんと苦殺が使っていたベースをMORIが使ってライブをするという魂のこもったライブになりました。新旧交代の瞬間を感じました。篤音やゾロフランクはまあ相変わらず元気ですしバンド名変わっても結果、いなくなったメンバーゼロというのは本当に大きい。リブランディングしていくには最高の条件が揃ってきているという状態で毎日を大切にしていかねばと痛感。OMPu(略すとこうなるかな?ってメンバーで話しているところです笑) わんぷ?おんぷ? なんかバンプみたいだな・・  まあいいかそれはとりあえず。 このバンドが解散することは今のメンバーが死なない限りないです。どんなことになっても続けていきます。でも自分の中ではいつまでに結果を出さないとっていう線引は出来ています。一日も無駄には出来ないですし時間もありません。ただただカッコいい音楽を堂々とたくさんの人前で奏でる。いたってシンプルな夢、いや目標であります。そして身の丈にあった動きをするのも大切だなと学びました。

 

 

うちのバンドを知らない人がブログ見てくださっていたら今日の話はなんのこっちゃ。でしょう。すいません。でも昔から陰ながら気にしてくださっている方もいるのは知っています。毎回毎回期待してと言って何も結果を出せずに本当に申し訳ない気持ちです。だからこそまだこのグループを諦めて捨てて解散という選択肢を無視して何度も何度も死んでも生き返って歩くことに大きな意味があり、やがてそれを糧に前に進めないといけない。それを実現する義務がこのバンドメンバーにあるわけです。そんな状況ですがまた1年間宜しくお願いします。

 

 

藤咲

 

 

 


日本最底辺の道を歩み始めて半年近くになりますが、やはり何一つとして結果を出せず、進歩どころか後退ばかりしている状況に、さすがにヘロヘロ。フラフラ。力尽きる寸前であります。昔のように反骨心と執念を武器に、絶対に負けないという強いメンタルのもと何度戦って倒れても起き上がってきた。しかしいよいよ、繰り返されるメンタル直撃弾にからだやこころが耐えられなくなってきたのかもしれない。勢いがある時に無理してでも前に進まないとチャンスを逃すという、恥ずかしながらわかりやすいサンプルに自らなってしまっていて悔しい限りです。


どうせ力尽きるなら、もうなにもやれることはない!もうここまで戦ってもだめなら仕方ない。そう思えるくらい燃え付きたい。せめて。 それすらなく、このままリタイアしそうなメンタルに最後にもう一度だけ自分で渇をいれたいんです。絶対にSnowbellの世界を形にしたい。いろいろと前に比べて厳しい環境、状況ではあります。まだ音楽の世界で白旗をあげたくはない。底辺から世界へとは言わなくても良い。底辺から普通へ。せめてこの夢を。。



こんにちは。日本最底辺バンドの藤咲です。活動はまた難航してる形でなかなかうまく進みませんね。日本最底辺だからと諦めてしまっては意味がない。日本最底辺だから出来ること。たくさんあるはずなんです。別に背伸びして格好よく見せるとか、そういうのはもういらないです。等身大にありのまんまに最底辺なりのことをしていく。底辺から世界と言うけど、世界各地に飛んでライブやるとかそういう夢はありません。現実的じゃないなぁと。でも、いまはYouTubeなりTwitterなり世界のどこからでもうちらの音楽を聞けるし、こちらもその世界のリスナーに発信ができる。だから世界という言葉を使ってます。底辺から世界。これはやっている以上意識していきたいコンセプトです。俺らが世界に行くことはなく、世界のリスナーが俺らを見に日本に来る。こんなことが実現させられたら底辺からの大金星だと思うんです。


そして、そうして世界に目を向けたときにどうも偏見や先入観で物事を決めつけてしまう人が多い気がしている。外人だからどうのこうの言う人いますよね。中国人だからとか。いやいや日本人でもたくさんマナー守らない人いるし、性格最悪なやつもいるし、外国人の人のほうがよっぽどマナー良かったりおもてなしの気持ちが溢れていたりもする。だから先入観のない生き方をしていきたいし、視野を広げていかないといけないかなと思ったり。


藤咲結衣という名前には、偏見や先入観で決めつける世の中に対しての反抗の気持ちが込められています。そろそろ、底辺から明るい話を出していけたらなと思ってます。





平成に何一つ結果を残せなかったことは悔しいですし、何をしていたんだろうと責めたくなります正直。でも平成に出来なかったことを新しい時代にすべてやってやるんだという心構えで行きたいと思ってます。そして音楽は時代を超えて生き続けるものであります。自分がなぜ音楽をやっているのか。その答えの一つとして、自分が死んだあと遥か何百年も先まで、よい音楽というのは残ることが出来るからというのがあります。これって素晴らしいことです本当に。直接ではないけれど、自分が生んだ作品が遠い遠い未来の方々にまでアプローチできる可能性がある。そんな無限の希望や可能性が尽きるまで私達はきっと続けていくでしょう。そして音楽が出来るのは、まわりの方々の理解だったり平和な生活があるからです。素敵な時代になることを願うと同時に素敵な結果を自分の手で引き寄せていこうと思います。これからも諦めず、前だけみていきますので宜しくお願いします。


藤咲結衣

二回目の配信ライブが終わりました。完全体でないゆえまだまだ会心の出来には遠いかなという感覚だし、例え完全体になったとしてこのスタイルの配信てわ果たして何人のリスナーが喜んでくれるのか?疑問もぬぐえないまま幕を閉じてきた。ずーっとずーっと温めてきた曲を初めてプレイ出来たのはとても良かったんだけど、ただプレイしただけにすぎなかったのでやっていて勿体なさを感じました。まぁうちら日本最底辺だから仕方ないよとチームでミーティングしたけど、それは計り知れないほどつらく、苦しいことであると思えた。好きで日本最底辺のポジションにいるのではない。とにかく前見て、歯を食いしばるだけです。力尽きるその時まで。



底辺から世界へ
藤咲


日本最底辺バンドとして動きだしてはいるもののまだまだ基礎準備の中でも土台の一部にすぎないのですが、何一つ身動きとれない期間とは雲泥の活動となっています。どんなことがあっても諦めない、どんなに底辺だろうと前を向き、どんなにビリになろうと立ち上がる。そんなタフで前向きな集団が生み出す音楽に少しずつ新たな手応えもあったりしています。気を付けているのは全員のモチベートを最大にあげていくこと。底辺でありながら前向きになるというのは簡単そうでそうじゃないと思います。何度も死んでは生き返りの繰り返しが今の形を生んだので、目に見える成果と結果を求めて今年はしっかりと強固な土台を築いていこうと思ってます。そうです。過去を気にしている暇があるなら前を見て考える、このクラブはこれからの未来が大きく広がるんだから。皆様の温かいサポートと時には厳しい叱咤激励宜しくお願いします。



底辺から世界へ
藤咲結衣

あとわずかで平成が終わってしまう。結局この平成という時代に何も残せなかった。それはすごく悔しいものですがその反面。新時代にしっかりと形に残せるようにという気持ちがあります。

今後とも宜しくお願いします。


底辺から世界へ
藤咲結衣

 

昨夜は日本最底辺バンドとしては初めてのライブですがメンバーは基本的に変わっていないので394日ぶりという本当に久々のライブを配信で開催させていただきました。1年以上の間があいて、本当にめっちゃライブやりたいのにやりたくても出来ない。という状況を味わっているので再びこうしてできたことをまずは喜んでいます。ただここが始まりなので、満足片足突っ込むには到底及ばないわけです。バンドの今の名前はふざけているわけではありません。決意表明だといえばわかりやすいのかな。底辺のバンドがここまでやれるんだという姿を見せていきたいのです。それによって0.0001の微々たるものでもいいので誰かの支えや誰かの気持ちを前向きにさせられたらって思うわけです。TM、トレーニングマッチを去年数回やってきて試していた曲たちを正式に演奏することも出来たし、明らかに今までと変えていかないといけないという気持ちをライブでも表現したかった。ボーカルは現在色んな方とセッションだったりテストだったり候補が複数あるなかで昨日まず一緒にステージにあがってくれたテスト生のKというボーカリストが彼なりの想いをバンドに、そして聞いてくださった方に精一杯伝えていたのが印象的でした。そしてかつてはワンマンライブも行っていたバンドがここまで低迷したわけですが、まずは自分たちがいるべき場所に再び戻すために、サポーターを新たにつけていかないと勝負が出来ない。もっときっと・・・共感出来る歌詞だったり、共感できるバンドにならんとだめかなあとか、現実的なメッセージ届けられたり身近や親近感だったり、足りない部分はどこなんだろうって毎日いつも考えています。ただ音だけ鳴らしているならストリーミングで好きなジャンルの音楽流しておけばいいじゃないかってなるので、バンドってなんだ。それを支持するファンってなんだ。という部分がしっかりと見えてこないと厳しいなって感じています。これは完全に決まってる答えもないし、バンドにもよるし、時期にもよるし、色々なんだけどとにかく底辺に落ちた以上は、今までなかなか気がつけなかった部分をみんなで考えながら進めていきたいって思います。泥臭くしぶとく、諦めずに。当たり前だけど当たり前じゃないこと。このバンドで下剋上実現してみんなで笑顔になりたいな  ^^

 

 

 

底辺から世界へ

藤咲結衣ゆい

 

こんばんです藤咲ですが表題のようにライブです。なんかテンション低そうな始まりですがそんなことはあるもんか!だって本当に1年以上ってすげえ長かったんですよ。もう出来ないんじゃないかとか考えたし実際長い間出来なかったし。ボーカルが歌を歌えないというのはバンドで最も致命的になっていていくら演奏隊が元気でも活動が出来ない。これは苦しい時間でした・・ トレーニングとかで配信は歌無しで続けたけど何もメッセージを伝えられず音を出す意味とか考えちゃった。それで活動も止めて。 そうした中 36日の火曜日。日付としてはもう明日ですね。本当の最底辺からの最初のスタートといえる日がやってきます。ライブは、身の丈にあった場所という意味でしばらく会場は自粛しています。たくさんの仲間がいる状態を作れるまではね。今だと、来てくれた方が辛い思いもしてしまうかもしれないので、まずは配信という手法でありのままの自分たちの音を届けます。奏でる音や空気を感じてもらいたいなあと思います。お金もかからないです。

 

 

火曜日夜18時50くらいから始まっていきますよ!

底辺底辺言ってますが、底辺から奇跡の下剋上ぶちかますためにロックバンドやっているんでそのスタートぜひ見て下さい。まあ今までとはガラリと変わっているので俺たちの意気込みを伝えられれば最高です。

 

 

https://www.showroom-live.com/purplefizzpf

 

PCでもスマホでも視聴可能です。

コメントとかしない方ならアプリとらんでも参加できますよ

おうちでスマホで生演奏のライブ。

今の時代、このういうのアリだと思うのでたくさんの方に出迎えてもらえるように準備をしています。では!

 

 

 

底辺から世界へ

藤咲結衣

 

 

 


Purple Fizzは、癒しとロックを融合し、激しいロックが皆様の疲れを癒す というコンセプトの元活動していました。ただやみくもに、演奏だけしていては誰にも気づかれないし他のバンドとの違いを生み出せない。故にコンセプトを立てて活動することの重要性は活動初期に携わった方々からも聞かされていました。



Purple Fizzの前身のnotoriousというバンドでは、音楽はメロコアなのに見た目や雰囲気はビジュアル系というコンセプトがあり、確かに他バンドのと違いも生み、notoriousではファン、サポーターを多くつけることが出来、大ホールやZeppといったとてつもなく素晴らしいステージに立てるところまでいきました。



しかしPurple Fizzでのコンセプトで活動をしてきた四年間の結果は、言うまでもない状態でした。一言で話してしまえばnotoriousのコンセプトのブランディングは成功。PFでは失敗です。メンバーが変わった点もあるのですがそこはさほど影響はないのかなと。悔しいですよ。notoriousは社会人バンドでしたから。自分も暗黒の旅行業界で歯を食いしばりながら音楽に希望抱いてやっていました。あのZeppの後、一部のメンバーは仕事を選び、残ったメンバーは会社を辞めて音楽人としてさらに上を目指すことになったんです。その結果がこれなので。コンセプトを持つことは可能性も広げるチャンスではありますが、使い方間違えると逆効果。うちらみたいに大失速にも繋がる。いやー、怖いですよ。これ。



てなわけで改めて、現在活動中のバンド、日本最底辺バンド(活動準備中) に関してはコンセプトは基本的に持たずに、というスタイルです。日本最底辺というコンセプトではないと思います。単に事実をバンドの名前や特徴にしただけです。



ただ、このまま終わるつもりはありません。その意識や気持ちが、強いて言えば新たなコンセプトなのかもしれませんよね。ここ見てくれてる方のことは裏切りません。追いかけてきてくだされば必ずまたあの舞台や、その続きにまで行けると信じてるのです。では、寝ましょう!明日もまえむきに(^-^)



底辺から世界へ
藤咲結衣