久しぶりのブログ更新です (;^_^A

まだまだ安曇野を歩くは続きます (・ω・)/


豊科

穂高駅10:04発のJR大糸線松本行の電車に乗り
ほんの6分ほどで「豊科駅」に到着しました



豊科02

三日目は歩く予定ではなかったのですが
この通り・・・張り切って歩いています あし

はてなマーク

なにか違うビックリマーク

と気づきませんか( ´艸`)

夫が背負っているリュックは
実は私のなんです

碌山美術館で分厚い美術書を買って
リュックに入れて(それも背中面)持ち歩いてたら
ケースの表面が汗でボロボロに・・・
ホテルからリュックごと
宅配便で送ることにした夫でした。(笑)

で・・・
身軽になったので
「歩くぞ」ということになりました いやだ



10:24 豊科近代美術館

豊科03

絵はがきのような風景



豊科04

気持ちいい〜
まるで海外に来ているようだ



豊科05

建物はヨーロッパ中世修道院風
広い敷地にはバラを中心とした庭園があり
ゆっくりと散策もできます



豊科06

日本の近代彫刻の巨匠、高田博厚の彫刻が常設されています
なんと、我が故郷「七尾生まれ」
こんなスゴイ人がいたなんて知らなかった


豊科07

玄関前のこの彫刻も高田氏の作品

夫はもちろん知ってて
この高田氏の彫刻も持っているって (。・ε・。)

我が家は
ブリキのおもちゃやソフビ人形だらけだということを
以前、ブログに書いたと思いますが・・・




ここ2、3年はこのように彫刻が増え続けています ああん!?
(これはほんの一部です)

どーするの むっ

どんどん狭くなる我が家 怒




豊科08

高田氏の作品や
森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の絵画などを観てまわり
疲れたのでひと休み



豊科09

コーヒーとケーキをいただきました


さあー歩きましょう あし


11:40 法蔵寺

豊科10

美術館からほんの10分ほど歩く

立派な山門だったので
ちょっと立ち寄ることにしました

この山門は
寛政元年(1789)に
大工棟梁伊藤(柴宮)長左衛門らにより建立



豊科11

山門をくぐる

わぁ〜 (* ̄Oノ ̄*)


豊科12

緑豊かで気持ちいい参道です

紅葉の頃も素敵でしょうね



豊科13

迫力のある仁王像

この鐘樓門も山門と同じく寛政元年(1789年)の建築



豊科14

本堂

法蔵寺は浄土宗寺院(知恩院末)で、
永正3年(1506)に吉野梶海渡に創建され、
成相新田宿の建設に伴い慶長16年(1611)、
こちらに移転しました


心落ち着く時間でした
歩いていると偶然このような素敵な場所に出会えます




豊科15

どんどん歩きます
法蔵寺からは約1時間ぐらい経っているでしょうか

この日は暑かった 暑い


豊科16

線路を渡る





ここら辺も歩くコースがあるので
この地図のとおり歩いてみました

約6.4キロ 約2時間15分


12:40 拾ヶ堰


豊科18

この拾ヶ堰は
江戸時代に開削された館概用水路です



豊科17

拾ヶ堰沿いをのんびりと歩く



豊科19

素晴らしい景色を眺めながら歩く
ほんと、気持ちいい〜



豊科20

ここでも道祖神に出会えました



豊科21

田園風景の中を歩く



豊科22

緑の中にピンクのコスモスが咲いていました


こんないい所なのに
やっぱり歩いているのは私たちだけだった(笑)

安曇野貸切ウォーキング


中萱駅まで歩きました あし

ちょうど待つこともなく電車に乗ることができました
14:02発の松本行です

安曇野を歩くはこれで終わりです
番外編として「松本を歩く」を
つづいてブログアップしますので
しばらくお待ちください (^▽^;)


もう1ヶ月前なんだなぁ〜


スミマセン
ブログアップが遅くて・・・ごめんなさい



ペタしてね