台風男

テーマ:

台風の真っ只中に
雲を突く大男が
のっしのっしと
町を歩いていった
ぎょろりとした
どんぐり眼を
見開いて
ただひたすらに
前だけを見て
調子はずれの
口笛ふいて
僕と目が合うと
小さい小さい小さい小さい小さい小さい
みんな小さい小さい小さい小さい小さい
と突風より
大きな声で
ごおうごおう

さけんだ

AD

夏がさようなら言いに来た

テーマ:

麦藁帽子かぶり


真っ黒に日焼けした


夏がひまわり持って


さようなら言いに来た


さびしくなるよ


ぼくがいうと


真っ黒い顔の


白目をくりくり


動かして


夏は


また来年


会えるよ


そう言って


ひまわり


さしだし


赤とんぼで


いっぱいの


夕暮れの道を


口笛ふきながら


歩いていった


夏が残した


ひまわりは


汗と蚊取り線香と


麦茶の匂いがした




AD