中国武術と健康 | アレルセラピーセンターのブログ

アレルセラピーセンターのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
Y師は古式の武術太極拳の伝承者ですが
鶴拳の劉銀山氏にも気に入られ
一頃交流があったそうです。


劉銀山先生は
お孫さんを素手で撫でる事が
できなかったそうです。


毒手はバキや民明書房だけの架空の話と考えがちですが

この方は実は毒に浸した練功で変色した毒手の
持ち主だったからです。


そのため、いつもは手袋をしていたそうです。



劉銀山氏が行うと窓ガラスがビシビシ鳴るという食鶴拳のある基本功を
行うと肋横突関節の固い部分が
弛む事に気付き
15年前は患者さんにも
教えていました。


またこの時期は
また左斜方軸に前方変位の仙骨は
形意拳の右前の三才式で
矯正できる事に気付いたり
腰椎滑り症が
心意六合拳の鶏歩で改善される事に
気付いた時期でもありました。


最近、一呼吸で弛める新しい呼吸法を
作りました。


吐きながら手の陽経を伸ばし
吸いながら手の陰経を伸ばす呼吸法です。


肩関節だけでなく
免疫力の強化にも
期待ができそうです。



アレルセラピーセンターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス