世田谷区喜多見、電子トリートメントの美容室、もっとキレイになりたい女性へ、コラソンAKIのブログ

『私、一度でもキレイな髪って言われたいの‼︎』
ある女性の一言です。
もっと髪がキレイだったら、もっと似合うヘアスタイルが
できるのに。
そんな風に感じている大人の女性のためのブログです。


テーマ:


こんばんは、コラソンのアキです。



今日たまたま発見した雑誌記事、



特集は

『白髪染めの疑問全部お答えします。』



う〜〜ん、怪しい。



雑誌、テレビでは色んな
情報が都合よく公開されてます。




以前も某雑誌で
白髪に油性ペンの✒️マッキー
なんて驚愕の記事が
堂々と載せられてましたね。




今日のはこちら


{B6FCF9E3-B47B-4A51-B9EE-3F2334F719F3}



この内容そのものが
全然違う!とかではなくって




この表現では大半の人に
『あっ、気をつければ
自分で染めてもいいんだ』
って思わせてしまうという事。




色んな注意事項や約艇って
だいたい小さな字で
書いてありますものね。





1番とっつきやすいことは
大きな文字で、
リスクは小さな文字
確信に触れることは曖昧に
なおかつわかりづらく…💧




これはどの世界でも共通です。




中でも特に気になったのが




『サロンでは塗り方や塗布の
時間を知り尽くしたプロが
行うので、ダメージが少なく
きれいに仕上がります。
だからそのコツをつかめば、
自分でも上手に染められる
というわけ』



ですって…




ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3




コラソンでは皆様に
カラーのリスクをしっかりと
お話しているつもりです。





それよりも、コツをつかめば
の『コツ』って
そんなお手軽には掴めません。





美容師が簡単そうに素早く
塗っているカラーの技術。




ただ塗るだけだから誰でも
出来そうに見えますが





ほとんどの美容師は
時間を測って正確に塗る
という練習から始まり
髪質に合わせた薬剤の塗布量など、
その他も髪質、頭皮の状態
薬剤の種類によっての使い分け
などをトレーニングしてから
初めてお客様を染めることが
出来るんです。




もちろんその他にも薬剤知識
化学、毛髪理論、皮膚科学
さまざまな勉強もあります。




ただ塗ってるわけじゃありません。





『塗る』という行為の中に
『髪を守りながら』という事も
含めての塗布なんです。




髪が傷まないように
最大限の事をする。




これが美容室でのカラーです。




なのでこの記事を鵜呑みに
してセルフカラーを
繰り返すと




割と大変な末路になります。




正直こんな記事書くのは
やめてほしい。




この記事について質問されたら?
って考えるだけで
馬鹿げていて面倒くさいのです。




コラソン公式ホームページ








CORASON Akiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。