2年前にレブンアツモリソウを愛でに礼文島を訪問したものの、もう終わりかけで出会えたのは一株のみでした。

今年もまた見たいと思っていましたが、先日NHKでレブンアツモリソウのニュースがあり、今年は好天続きなので、例年より約2週間早く開花したことを知り、予定を早めて礼文島へ向かいました。

 

金曜日の仕事を終えてから、一路稚内へ向かいました。

途中、苫前の三角点山に寄り道して、初山別の岬の湯で汗を流し、稚内駅に隣接している道の駅に22時頃到着しました。

車中で一人ビールで安着祝いをして就寝。

 

翌朝、一番のフェリーで礼文島へ向かいました。

 

 

忘れ物があり車にいったん戻ったりと、相変わらずケアミスがあるもの出港30分前には並ぶことができました。

見た感じ団体客はすくなかったものの、大勢の方が礼文島へ向かうようでした。

 

 

無事に寝場所を確保し、速攻で眠りました。

 

 

少し揺れていたようですが、眠っていたので酔いもせず、無事に利尻島を通過します。

利尻島は下の方から分厚い雲に覆われ、山があることさえわかりません(涙)。

後で聞いたら反対側の利尻町沓形からピーカンだったとか・・・

 

 

無事に礼文島に到着して、知り合いの知り合い??に迎えに来てもらい、礼文アツモリソウ群生地まで送っていただきました。

 

 

しっかり管理された群生地入口です。

 

 

群生地の中は木道を歩きます。

 

 

ここの群生地は、残り2割くらいでしょうか、まだ咲いていましたが、グループの方がいて写真を撮れませんでした(涙)

なので、その少しさきの群生地へすぐに移動すると、まだ十分咲いていました。

 

 

前回は、この場所で1株だけでしたので、沢山咲いていました。

 

 

二輪のみのものの。このまま株を増やしていってほしいもの。

 

 

一輪のものもありました。

 

 

 

今年も島内の他の場所で、心ない人の盗掘があったようですが、監視しなくても、以前のように気軽に礼文島でレブンアツモリソウに出会いたいものです。