2020年9月5〜6日

 

 

青森セラピスト研究会の

三上さんからご依頼頂きまして

ワークショップを開催させてもらいます

 

 

 

昨年のワークショップ写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三度目のご招待

ありがとうございます😊

 

 

 

 

 

今回は

土曜日のクラスは

 

クラステーマ

肉体から思考を見直す

 

 

 

 

日曜日は逆の視点で

思考から肉体を見直す時間

 

 

 

としてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ワタシたちは生きている限り

4つの要素から成り立ちます

 

 

 

 

 

運動・感覚

思考・感情

 

 

 

 

 

この4つは切っても切り離せない関係にあります。

 

 

 

 

 

しかし、

運動の専門家

心理学の専門家と

西洋医学では分けて考えています

 

 

 

 

 

そもそもここが関連している・・・

そんなことを気づける人が少ないように思います

 

 

 

 

 

だから運動の専門家って

なんかおかしいのに気付けますでしょうか?

(私も前そう名乗ってましたが笑)

 

 

 

 

運動だけ教えてもらう

それでよくなる。。。ほんと??

 

 

 

姿勢指導してもらって

よくなった・・・・ほんと?

意識しすぎて背中バンバンじゃね?

 

 

 

 

歩き方の指導

姿勢の指導

物の持ち方を教えてもらう

痛みが出たときに体操を教えてもらう。。。

 

 

 

 

 

実はこれら

間違ってるとはいいませんが

正しくないのです。

 

 

 

 

 

ほとんど、変わらない。

これで変わるはずがないんです。

 

 

 

 

 

根本がわかれば。

 

 

 

 

 

 

ワタシも理学療法士として14年少し

運動の専門家として

病院で勤務し

様々な視点で医師と相談し合いながら

患者と向き合ってきました

 

 

 

 

 

 

今思うことは

 

医者の役割を理解すること

 

は、一般の人にとっても

とても大切なことだと思っています。

 

 

 

 

 

みなさん、勘違いしています。

 

 

 

 

 

 

医者は治してくれる人ではなく、

 

今の状況の診断をしてくれる人

 

でした。

 

 

 

 

 

外科のドクターは

部品修理屋さん。

 

 

 

 

 

 

だから、

自分を元氣にするための

きっかけをくれる人ではあるけども

何にもしてくれないのが基本です

 

 

 

 

 

きくかどうか知らんけど

使ってみて?

と、いつも提案してくれますよね。

 

 

 

 

 

正しく言えば

相手の病気になったその習慣を

変える手筈が

なにもありません。

 

 

 

 

 

 

診断、が 仕事だから。

 

 

 

 

 

最後行動して自分を

正しい方法に導かせるのは

シブン以外になかったのです。

 

 

 

 

 

ワタシを変えられるのは

ワタシしかない。

 

 

 

 

これが、ヨガで学んだ

深く心に染み込んだこと、です^ ^

 

 

 

 

 

 

だから病院に通って

ニックネーム(病名)をもらったら

 

 

 

 

 

なんでそうなったのか??

 

 

 

 

を徹底的に掘り下げていきます。

 

 

 

 

 

5日、6日は

原則のご紹介をしながら

快適に過ごす方法を考えていきたいと思います^ ^

 

 

 

 

 

ちなみに

前日9月4日は

函館で昼間にクラスを開催します^ ^

 

 

 

 

 

どうぞお楽しみに^ ^

 

 

 

 

 

<日時>

 

9月5日土曜日14:00-17:00

9月6日日曜日9:30-16:00

 

 

 

<料金>

 

土曜日のみ5000円

日曜日のみ10000円

 

両日参加の方

12500円(オススメ!)

 

 

 

 

 

会場

アピオ青森大研修室

 

 

 

 

申し込み

 

 

青森ワークショップこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か気になった方 

当スタジオHP 予約空き状況はこちらで確認

 ご予約はLINEへお問い合わせください

 

 友だち追加 

クリック♪