【親指の痛み】50代以降、急激に増えるこの部位・・・ | ヨガセラ/北セラ ”今を生きる”

ヨガセラ/北セラ ”今を生きる”

札幌から日本を元気に

年間30〜50本以上のセミナー・講演活動をしてきた私が
札幌に小さな拠点を作りました

日本全体をもっと元気に
札幌から日本を元気に

ボディワーク、ヨガを通して健康を伝えていきます


テーマ:

************************

どこにいっても変わらなかったその症状に

ヨガセラ HP :  studio-light.org

************************

 

 

 

*お話の脱線、多数あり。笑

 

 

 

「標準整形外科」的には

 

 

 

この指の痛みというのは

特にアプローチがないので

 

 

ドゥケルバン病という手首、親指の付け根の痛みや

 

へバーデン結節と呼ばれる

節々がぼっこりと腫れ上がる病気がありますが

 

(よくおばーちゃんで、指の関節晴れている人いるでしょ)

 

 

 

 

あれの原因は

 

 

 

 

「加齢」

「使いすぎ」と言われていますね。

 

 

 

 

 

確かに”使いすぎ”なんです。

 

 

 

 

その”あなた本意の使い方による『使いすぎ』”

 

 

 

 

よくいうところの

「使っているつもりはない」っていうやつ。

 

 

 

 

つもりがないから問題なんだけどなぁと

私は思いますが。

 

 

 

 

しかし

 

 

 

例えば

スーパーの生魚コーナーで働いている人が

かたやこの病気になったとしましょう。

 

 

 

 

それはラップをしたりする動作で

指に多くの負担をかけるであろう。

 

 

 

想像できますよね。

 

 

 

 

じゃ、

 

 

 

なぜなっていない人もいるのか

 

 

 

 

常に人が伝える理論は

「絶対的なものではない」

 

 

 

そして、絶対理由ではない、ということなんです。

 

 

 

 

一般整形外科的な説明はこちら(クリック

 

 

 

 

やはり固定すると

「いままでメインに動かしていたところが動かなくなる」ので

痛みは消えます。

 

 

 

シンプルでしょ。

使わなくなるんだから。笑

 

 

 

結果、どうなります?

 

 

 

 

親指が頑張っていた仕事を

どこか他の関節さんが頑張ることになる。

 

 

 

 

シンプル♪

 

 

 

80:20の法則と同じですね♪笑

 

 

 

 

 

薬物療法においても

100%に効く!

 

 

 

という特異性を表記している薬なんて

この世の中に一つもなくて、

常に特異性(陽性であるものが陽性である確率)が70〜80%

くらいあれば、いいところなわけです。

 

 

 

 

副作用という名前がありますが、

「副」もくそもなくて

 

 

 

 

すべてが『作用』です

最近はこれについても説明している方が多くいますよね。

 

 

 

 

だからこそやはり鎮痛薬というのは消化器系を悪くする方向に

少なからず働くので欧米は2週間以内の使用は禁止している

 

 

 

薬物大国の国は

定番の鎮痛薬を数年に渡り

出し続けるなんていうことが可能だったりするわけです・・・。

 

 

 

 

おっと。いけね。。

話を戻します。

 

 

 

 

 

医者も悪気があって説明してるわけではない。

それも一理ある、という説を

納得してもらうために説明しているにすぎなくて、

それが絶対的なものではない。

 

 

 

 

誰しもが頭で納得したい。

納得してから使いたい。

だから、わかりやすく、

誰の頭にでもわかるように

シンプルな説明をしてくれる。

実はおかしな説明だとしても。

 

 

 

 

だからこそ、

自分で考えるという力が

どんな時代、どんな状況においても

特にこれからの時代!重要なのだと思います。

 

 

 

 

で、この親指の痛み。

 

 

 

整形外科のサイトにもありますが

装具療法で固定されて、はいしゅーりょー、です。笑

 

 

 

 

でも、私の患者さんのように

習字の先生なんてことやってると

そんなもん使ってる暇がないわけですよね。

 

 

 

 

では、

どうするのか。。

 

 

 

・注射しまくる

・とにかく使わない

 

 

 

しか、方法がなくなるわけです。

 

 

 

 

リハビリの分野では

10年以上向き合えばわかりますが、

そう簡単にはいかないですね。

この痛み。

 

 

 

 

長引けば長引くほど

ちょっとやっかい。

 

 

 

 

今日、病院時代から久しぶりにみた患者さん。

 

 

 

 

親指の”病むような痛み”と関節の腫張

痛みでペン、筆を持つことができない

 

 

 

「で、今どうですか?」

 

 

 

「7月の頭に親指痛くなって

 この痛みのこと伝えてリハビリしてもらったでしょ。

 そしたら、ピタッと7月末に消えたんだから・・・

 なんで??ねぇなんで?? 不思議でならなーい」

 

 

 

 

痛い方がいいのか、と思う発言。笑

 

 

 

 

シンプルに。

 

 

 

 

そこにかけてた負担が他のところで

支えられるようになったんだろうね^^

 

 

 

 

 

やることはシンプル。

 

 

 

 

「あなたの知らないあなたを目覚めること」

 

 

 

 

はぁっ?笑

 

 

 

 

受けないと意味不明です。

やっぱり。いつまでたっても。

 

 

 

 

 

なんで、本当に困った人しか

このスタジオには来ないのかもしれません。。。汗

 

 

 

 

 

一人ずつ

伝えられたらいいかなと思います^^

 

 

 

 

追伸


自分の手のひら見てみて。

 

これ、猿。笑

今の人、こればっかりだったりするけど。



こーなってたら注意!!

 

hama

 

 

 

************************

どこにいっても変わらなかったその症状に

ヨガセラ HP :  studio-light.org

 

1万人以上、医学の分野で培った経験値と

ヨガ、ボディワークで学んだ臨床経験を元に

あなたのそのお困りごとを解決!

 

手足の冷え、長年の生理不順、生理痛

疲れやすい、元気が出ない・・

肩こり、腰痛、体の歪み、膝・股関節の痛み

 

めまい、吐き気などの不定愁訴

そんな謎の症状が得意です^^

 

 

 

コンディショニングはスポーツ、アスリートだけじゃない

一般の人にも、より楽に、より楽しく生きるための体のケア、

今からしてみませんか^^

 

 

 

その以前からの痛みなどの症状、

当たり前と思って、我慢し続けていませんか?

 

ぜひ一度、お気軽にご相談くださいね^^

 

コンディショニングスタジオ ヨガセラ

************************

 

 

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

ヨガセラ/北セラ Hamaブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス