野呂ロッジから30分の「大滝」。 | 青野原野呂ロッジキャンプ場
2019-01-11 12:48:38

野呂ロッジから30分の「大滝」。

テーマ:ご来場ありがとうございます!
【野呂ロッジ〜小滝〜牧馬(まきめ)大滝】

年末からの低気圧により朝晩がとても寒い日が続いていました。

年末に大滝にお出かけになったお客様から「少し滝が凍ってるよ〜」と伺っていたので、
新年に入って5日目、皆様にも綺麗な景色、大滝をお知らせ出来るよう出かけてきました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

朝早く出かけると
空気も澄んでいて
射す光も綺麗、ということで
朝の7時半頃出かけました。


橋の上は寒さで白くなってますが
張りつめた空気がとっても気持ちいい!






雨が降った後でない限り、
大滝までの散々ルートはしばらく砂利が続きます。






長い歴史を感じさせる木々も道中たくさん目にすることが出来ます。




やっと 沢水が見えてきました。






朝晩がとても寒いと、
途中にある沢水溜まりも凍ってます。

ここは小魚が泳いでいるのを良く目にします。






立岩の壁。

野呂ロッジの正面に切り立つ山は、
地層が600万年前に地殻変動によりフィリピンプレートに押され、
90度に隆起したものですが、

その縦になった地層(立岩)が、
大滝までの道中にも
「壁」となって現れます。

ここは苔生しており、
春夏のシーズンは、青々としてなんとも綺麗です。


また、ここでは
野呂ボスが子供の頃もっと水量が多く、

凍った時は 地元の子供達のスケートリンクとなっていたそうです。

 
 
歩いて15分ほどで小滝(さらさら滝)となります。

右に垂れてるロープを持って登るか、
または
左斜面を歩いて超えることもできます。






小滝から7〜8分。
立岩の壁の向こうに
大滝が見えてきます。

大滝の向こう側にも立岩。










大滝からのシブキが 凍ってました。
1月下旬〜2月上旬にかけてはさらに凍り、とても神秘的になるかと思います。


大滝を正面にして、
振り返ってみると、

横から、下から、
多方面から押され とてもエネルギー感じる岩盤が。

この大滝周辺は、
とてつもないエネルギーが集まり、このような風景になった様子を見ることができる、パワースポットですね✨✨



野呂ロッジから大滝までは
ゆっくり30分。

野呂ロッジへ駐車のみ(500円)でも
是非どうぞ😊‼️




オーナーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス