投資失敗の官民ファンド、役員報酬・退職金は満額支給⁉️ | のりさんのブログ

のりさんのブログ

ブログの説明を入力します。

投資が失敗続きの農林水産省所管の官民ファンドが、役員の報酬や退職慰労金を運用成績に左右されない全額固定額にしていることがわかった。常勤役員の報酬は毎年2千万円ほどだ。退職慰労金は、6億円超を投融資した会社が経営破綻(はたん)した案件を扱った役員でも満額の1400万円が支払われる。結果責任を問わない報酬の仕組みに疑問の声が出ている。

 このファンドは農林水産物の生産から加工、流通・販売まで手がける「6次産業化」を後押しする目的の「農林漁業成長産業化支援機構(A―FIVE)」で、2013年1月に設立された。大半を政府が出資した319億円の資金を元手に、株式を購入するなどして企業を支援しているが、今年3月末時点で92億円の累積赤字を抱える。

 昨年10月には、国産のブランド農産物の海外販路開拓を進めていた東京都内の会社が破綻し、出資金や返済の優先順位が低い「劣後ローン」の計約6億5千万円の多くが焦げ付いた。この案件を担当していたA―FIVEの役員は今月下旬に退任するが、1400万円の退職慰労金は満額支払われる予定だ。

ネットで見つけた記事だ。この記事を読んでどんな感想をいだいただろうか?官僚のやりたい放題が如実に現れた事例では無いか。

これは単なる氷山の一角に過ぎず、調べれば数多出てくるであろう。スルガ銀行や西武信金の不祥事も、当時の森金融庁長官の眼鏡にかなった優良金融機関であったという。

しかし、官僚天国の日本、政治家が機能しない忖度政治が定着してしまった日本では何を叫ぼうが何も変わらない。

唯一の意識行動である選挙にも無関心な庶民が大多数だ。香港のような、市民が一斉にデモを起こすようなことは、日本ではおそらく起こらないであろう。

日本人はぬるま湯に永く浸かり過ぎてしまった。もう引き返す事は出来ないであろう。せめて自分の事は自分で切り拓く、くらいの気概は持っていただきたいものだ。