ハワイ往復50万円⁉️ | のりさんのブログ

のりさんのブログ

ブログの説明を入力します。

ハワイまでの往復航空券が、なんと50万円。
最大10連休のスーパーゴールデンウイークに向け、早くも異変が起きていた。

大手旅行会社「H.I.S.」のハワイ専門店。

まだ3カ月近くも先のゴールデンウイークをめぐり、早くも異変が起きていた。

H.I.S. Hawaii・福島秀セールスチーフは、「昨年の3倍のご予約をいただいていて、中でも人気の旅行先がハワイ。現時点では、ほぼ満席となっています」と話した。

2019年のゴールデンウイークは、皇太子さまが即位され、元号が変わる5月1日が祝日になる。

さらに、祝日に挟まれた平日も休みとなるため、4月27日から5月6日まで最長10連休の長期休暇が出現。
これぞ、"SGW"、スーパーゴールデンウイーク。

「H.I.S.」には、この過去最長クラスの連休を常夏の楽園ハワイで過ごそうとする人の予約が殺到。

ハワイツアーのほとんどが予約で埋まり、キャンセル待ちの状態が続いているという。

さらに、格安航空券サイトの運営会社を取材すると、2019年は、10連休の最初と最後に航空券の予約が集中。

エアプラス株式会社・飯島正人営業部長は、「例えば、東京からホノルル4月27日出発、5月5日現地発で検索すると、一番安いものでも51万8,000円。過去に例にないくらい高騰している」と話した。

東京や大阪とホノルル間の往復航空券の価格が、最大50万円程度まで高騰しているという。

以上はネットのニュースだ。あなたはどう思いますか?今年のゴールデンウィークは最大10連休になると言われており、大きなビジネスチャンスと捉えている商魂たくましい人たちも多数いると思われる。

日本人は昔から「盆と正月」と言うくらいまとまった休みはそこに集中していた。「正月料金」などと言うくらい上乗せされた高額料金を支払ったことも経験があるのではないかと思う。

芸能人や富裕層の方々は年末年始をハワイで過ごす事がステータスになっているとも聞きます。当然高額な費用をかけて出かけているのでしょう。

今年のゴールデンウィークは特別な意味合いを持っていると思います。何処かに出かけることも良いでしょう。しかし、日本人として改元をしっかり受け止めつつゴールデンウィークを過ごしたいものです。

私のゴールデンウィークは商魂逞しいものにしたいと考えている。(笑)
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5806.PNG