錦織圭選手、無念⁉️ | のりさんのブログ

のりさんのブログ

ブログの説明を入力します。

男子シングルス世界ランク9位で第8シードの錦織圭(29)=日清食品=は、全豪初の4強入りをかけた同1位のノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=との準々決勝で第2セット1―4の時点で棄権した。4試合で計13時間47分を戦った疲労から右太ももに痛みが生じた。4大大会の途中棄権は、2016年ウィンブルドンの4回戦以来。1932年大会の佐藤次郎以来、日本勢87年ぶりの4強入りはならなかった。

 前日は休養と回復に努めたが、4回戦で自身最長5時間5分を要したダメージは重く、4試合計13時間47分を戦い、満身創痍(そうい)だった。14連敗中の天敵には万全でなければ勝機は見えない。「いつも一番きつい時に対戦が来る。タイミングが味方してくれない」と組み合わせ運の悪さを嘆いた。

以上はスポーツ記事の抜粋だ。何より先ずは錦織圭選手お疲れ様と申し上げたい。私達日本人に勇気と元気をくれる錦織圭選手のテニスに御礼を申し上げたい。

グランドスラム優勝は最後は体力勝負かもしれない。当然に勝ち上がる試合をストレートで片付けていけば、それなりに体力は温存できるだろう。しかし、出場する全ての選手が鍛え上げて参加しており、そうは簡単に勝たせてはくれない。

錦織圭選手は過去にも同様に棄権していて、我々応援する側としても残念無念至極に他ならない。しかし、怪我から復帰した錦織圭選手は進化を続けている。

今年こそグランドスラム優勝を心から期待しつつ応援していきたい。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5787.PNG