ボヘミアンラプソディ❣️ | のりさんのブログ

のりさんのブログ

ブログの説明を入力します。

第91回アカデミー賞で5部門にノミネートされた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、1月22日までに累計興行収入100億4168万7580円、観客動員727万904人に到達した。2018年公開作では唯一、興収100億円という"天井"に穴をあけた作品に。国内の音楽・ミュージカル映画で歴代1位を誇る「美女と野獣」(124億円)を超えるか、さらなるヒット継続に期待が高まる。

 ヒットの要因のひとつは、リピーターの存在だ。通常の上映だけに飽きたらず、IMAXなどの特殊フォーマットや参加型イベントなどで比較鑑賞する観客が続出。IMAXでは歴代トップとなる累計10億6347万8300円を記録し、両側面にも映写される「ScreenX」や、"胸アツ" 応援上映なども活況を見せている。自宅で手軽に映画を見られる時代において、今作は「映画館での極上の体験を味わう一大イベント」という回答でもあり、そのことが観客の鑑賞欲求を強烈に刺激している。

上記のネット記事を見つけた。クイーン凄いですね。私は世代ではありますが、あまりクイーンには「はまり」ませんでした。洋楽ではグランド・ファンク・レイルロード、レッドツェッペリン、などのロックンロール、スージークアトロなどからベイシティローラーズ、ビリージョエルやビージーズのディスコサウンドに影響を受けたと思う。

当然ビートルズははまりましたが。クイーンは流行りものくらいの記憶しか無かったので、ボヘミアンラプソディの大ヒットは正直言って驚きしかないです。

しかし、これだけの興行成績を残していることをみれば、クイーンの偉大さは「半端ない」となる。当然映画を製作した監督や脚本家などの関係者とスタッフには敬意を表したい。

私もこの週末には映画館へ足を運ぶかも・・・
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5786.PNG