皆神神社2013・12・22 | 47歳 学生日記 by noririnの夫

47歳 学生日記 by noririnの夫

47歳にして群馬で大学生になりました。美術系の研究の話、独り暮らしの話、自然の話、時には妖しい話など書いていきます。


テーマ:

今日の午前から午後にかけて、長野チーム・醍醐さん、noririn、私の3名で


長野市松代の皆神神社へ行ってまいりました。



皆神神社駐車場からの長野市。すばらしい景色です。




中身がとても濃いので、私は私自身に起きたことを記します。他2名は、それぞれの感じたことをブログに記すようですので、3つお楽しみくださいね。




さて、なぜ今日、皆神神社へ3名で行くことになったのか。


昨日、

・noririnと私は武水別神社へ行き、昨日皆神神社へいく予定であったが、急遽noririnの提案で、翌日の今日になった。

・水泳中のわたしが自己浄化中に、皆神神社の御神木とスクナヒコノミコト様の祠が、現れた。

・醍醐さんを一緒に誘おうとnoririnが提案し、ちょうど醍醐さんの予定が空いていた。


などの理由で、今日になりました。



そして皆神山到着。まずは中腹の「岩戸神社」へ。


この洞窟はちょっと入りにくいなあと思っていました。

しかし、醍醐さん曰く「依然来た時は、この中で一時間瞑想しましたよ」


えー?うそでしょう?私はできないなあ・・・。



と、中へ入ってみたら、やはり随分以前と違って息苦しくなっていたようです。醍醐さんはすぐ出てきてしまいました。

私は入った瞬間、地面が気になり、きらきらひかる まるで炭酸水の泡のような 点点が、ざーっと

降ってくるイメージがありました。



そして、少し登ってちょうど洞穴の真上。2つの祠があります。



相当エネルギーが溜まっているようでしたので、写真向かって向こう側の祠から醍醐さんがエネルギーを上げて浄化し、


向かってこちらの祠から 下へ わたしがエネルギーを下ろす ことになりました。


さきほどの「炭酸水の泡」は もうすでに その時から 私は エネルギーを下ろし始めていたようです。


「一回、皆神神社へ行って、もう一回 ここへ来た方がいいみたい」と醍醐さん。


3人は 皆神神社へ向かいます。




皆神神社山門。


「本殿には、神様はいないなあ。」と醍醐さん。



熊野出速雄神社前の 醍醐さんとnoririn。


お正月の準備で 地元の方々が 松やしめ縄を飾り付けていました。

そして、まずは一番奥の富士山浅間社へ。



ここで、瞑想すると、私は正三角形が見えました。というか、手が異常に冷たくなり、手が何かを訴えているような気がしたので、手を勝手に動かせてみたら、両手で三角形を作っていました。


醍醐さんは「ここにいた赤い太陽、つまりアマテラスオオミカミ様が、私たちの到着を待って、赤い太陽となり、今、本殿へ飛んでいって入っていた。」


noririnは「腰から下が 暖かくなって 後ろで火を焚いている感じがした。温風が来た」と言いました。


「三角形は、多分、さっきの岩戸神社で、私たち3人が三角形になってエネルギーをおろさなきゃいけないんじゃないかな」と、醍醐さん。


なるほど。


と私たちの仕事が終了し、


アマテラス様が 無事 本殿に入られた直後、


なんと地元の方が 来られて、写真のように新年を迎える 松を飾られたのです。


すごいタイミング。ムダがありませんね。



その後、少し降りたところに、


わたしの瞑想に現れた御神木がありますので、昨日の お礼を言いに行きました。



私たち3人が この御神木の 周りに立った瞬間、


わたしの ところだけに 御神木から 雪が ざざざーーーっと降り注ぎました。


しかも、大量に 二回。


「わー、歓迎してくれている。どうも昨日は本当にありがとうございました・・・・。」


と感謝感謝の連続です。チームの2名は その状況を見て ただ 微笑んでいます。


「ここに6匹の龍がいて、夫さんに入ろうとしている。2匹は入ったけど、3匹目がなかなか入ることができない様子。またそのうち 来る時があるでしょう」と醍醐さん。


たしかに、瞑想していたら、体が二回 ぐるぐるっと揺れました。


2匹入ってくれたんですね。感謝です。また来ますね。



その後、地元の方々が「このあと、すぐに本殿と熊野神社で今年最後のお祭りがある。よかったら見に来てきたら」と声をかけてくださいました。


本殿の中で祝詞が挙げられ、私たち3名の席もなぜか、ちゃんと用意され、まるで、あらかじめ我々がここに参列することが予定であったかのようでした。


お祭り中、何回も 背中にエネルギーが 流れ、


外では 式の節目節目になると 風が びゅー びゅーと吹いていました。 


「1月2日には、またお祭りがあるよ。ほとんど一般の観光客はこないよ」と教えていただきました。

3人で来てみたいと思います。

なんてラッキーなのでしょうか。こんな形で、神様は 私たちに 目で見えて、体で感じるように

その気持ちを 伝えてきてくれたのです。本当にありがたいことです。




再度、岩戸神社へ行きました。


洞窟の中で、3人で三角形をつくり、瞑想しました。


右耳が ぴーんと一瞬聞こえなくなり、 アナログテレビがデジタルに変わったような


なにか空気が 明らかに 変化した体感がありました。気圧というか 磁場というか、


何かのエネルギーが変化したことは 確かでしょう。


体感が少ない わたしの体にも わかるくらいの 何かが 出たり入ったりしました。



もとは、といえば、昨日来るはずの予定を noririnが変更したことから、


今日の パズルのような 出来事の 連鎖が始まっています。


そして、まだつづきは1月2日まで 続くようです。



今日は 本当におもしろかったです。来年も おもしろそうですね。




ちょっとボケていますが、長野の夕方。山がきれいです。







noririnの夫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。