2004-12-19 23:05:01

2002年の観戦記ネットベスト観戦記賞 のおさらい 2003年1月

テーマ:ブログ
下に上げるのは2003年1月にアップした観戦記ネットベスト観戦記賞受賞記念のページの再録。

まあ人が言わないから自分で言うが、プロレス観戦記のひとつの到達点。越えるのは儂でもちょっと難しいな。

 

このたび2002年の観戦記ネットベスト観戦記賞をいただいた。何も賞金はないし、いい年を扱いて喜ぶのも恥ずかしいが、やっぱり誉められたり賞をもらったりするとうれしいもの。と言うわけで受賞した2002年の観戦記をテニオハや書き損ないを改訂して大放出!


三沢の現実・佐伯の夢 (12月7日:NOAH & 12月8日:Deep2001
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-18 10:33:03

ももたろう

テーマ:ブログ
あ:子供の頃昔話なんかしてもらうの好きでした。わくわくして面白いでしょ

い:そんなことあらへんがな。大体ながったらしいし、山場が遅いし、近頃の子供はついてけーへん。すぐ退屈してしまうで。

 

あ:例えば、桃太郎なんか好きでした。桃から生まれた桃太郎。大きくなって鬼退治。展開も早いし、見せ場も沢山あってアクションシーンもある。

 

い:あほかい。 昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでました・・・おじいさんとおばあさんになるまで何年かかっとんのじゃ!

 

あ:そんなところから話をはじめんでええんや。

 

い:おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に・・・そんな悠長なことせんと、じいさんはガソリンスタンドへバイトに、ばあさんはコインランドリーに行け。

 

あ:それじゃあ、ももがながれてこないじゃないか!

 

い:乾燥機を空けたらあら不思議、大きな桃が入っていました。中にはひからびたミイラ状の桃太郎が・・・

 

あ:おい!べつのはなしになっとるがな。川に行こう川へ

 

い:しょうがないな、一回だけだぞ。

おばあさんは一回だけ川に洗濯に行きました。

するとどうでしょう、川上から大きな桃がどんぶらこっこどんぶらこっことながれてきました。

 

あ:そうそう、やっと桃太郎になってきた。そして桃から生まれた桃太郎が大きくなって、いぬさるきじを連れて鬼退治。お宝を持ってかえっていつまでも幸せに暮らしました。

 

い:あほ、それがながいっちゅうねん

おばあさんは流れてきた桃を拾いました。大きななたで、勢いよく桃を真っ二つ

 

あ:おいおい、中の桃太郎死んでしまうがな・・・

 

い:中には額を割られた鬼が入っていました。

ももからたけわりももばあさんの鬼退治。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-12 11:15:08

よゐこ出生の悩み相談室

テーマ:ブログ
Q: どうしてあかちゃんはおしっこの穴とウンコの穴の間から生まれてくるんですか?

 

A: 生物学的な回答が知りたいのか、哲学的な回答が欲しいのか、オチをつけてもらいたいのかで答えは異なります。

 

回答1:卵生であれ、胎生であれ、ある程度の大きさのものを身体から出すための機能を排便・排尿に加えてもう一つ持つというのは進化経済論的に負荷が高すぎますから、うんちやおしっこと同じ方法で出すのが適当なわけです。具体的に言うと腹圧を使ってウンチとおしっこと卵や胎児を同じ経路で排泄すると仕掛けが共同利用出来て便利だと言うことです。

 

回答2:すみません、思いつきませんでした。回答を募集します
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-06 20:33:51

ゴジラ ファイナルウォーズ  ○ドンフライvsX星人×

テーマ:ブログ

X星人が負けると、X星人×またはXX星人になるというのがひとつの発見だな


ゴジラファイナルウォーズみました。


すごかったねえ。(人間の格闘シーンが少し長すぎだったのはだめだったが)


なにしろ怪獣達の動きが速い速い。勝負の決着も早い。純プロレスの人間を使わずに半プロレスのフライ・船木・グドリッジあたりを使ったのは、純プロレス的な昔の怪獣ファイトではなくK-1的な即決で迫力ある新しい怪獣の闘いを見せたかったってことと関係あるかもしれない(監督の頭の中では)


しかし、思い出したはどちらかというとオースティン。ゴジラが、ガイガン・ジラ・クモンガ・カマキラス・アンギラス・キングシーザー・ラドン・エビラ・へドラとNo sellでやっつける様はまさにスタナー、スタナー、スタナー


最後は主役を張ったこともあるSマイケルスクラスのモスラが脇に回ってガイガンと両リン。当然のごとくシリーズの締めくくりは40年来の宿敵と一騎打ち、ここからペースは昭和プロレス。久しぶりに怪獣映画で堪能しました。


ま、よかったんだが、もっと怪獣達を見せてくれればよかった。人間側の登場人物のうち、菊川怜と松岡が要らないんじゃないかなあ?


ドンフライを主役、水野真紀をヒロインにしたら人間側のストーリーが絞れてもっと流れがよかったのに・・・ドンフライは芝居が要らない役だったから完全にはまって素晴らしかった。船木すらよかった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。