中学生に覚せい剤注射とわいせつ行為の容疑 韓国籍の男を逮捕


 京都府警少年課と南署は23日、中学生の少女に覚せい剤を注射し、わいせつな行為をしたとして、覚せい剤取締法違反と児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで京都市南区、韓国籍の会社役員金圭一容疑者(56)を逮捕したと明らかにした。


同日、起訴された。


 逮捕容疑は3月9日、13歳だった京都市在住の中2少女に現金数万円を渡す約束をした上、自宅で覚せい剤を注射し、わいせつな行為をした疑い。


 南署によると、少女はスマートフォンの掲示板アプリに援助交際をほのめかす書き込みをし、3月8日、金容疑者と知り合った。当時、家出中で母親が南署に相談。南署が京都市内で少女を保護した。(共同)


http://www.sanspo.com/geino/news/20140623/tro14062323220010-n1.html






……………………………






「13歳の少女」にわいせつ行為を働くことのみならず、その子に覚せい剤を覚えさせる在日。


全く我慢なりません。