韓国好き♪アラフォーのりんの毎日気ままに

現実逃避大好き。一人旅大好き。国内、韓国、思い立ったらふらっと旅立ちます。
自分がコレは良かったな〜ということはもちろん、韓国初めて!なんて方への参考になればと思っています♪


テーマ:
記事を書いていたら
アプリがダウンしましたえーん

保存されてるカナ?と思ったら
保存されてないえーん

なんで〜っアセアセアセアセ

気を取り直して書き直します…

朝ごはんにワカメスープを食べてから
向かった先は

범어사/梵魚寺駅です
{77A6FC49-CBA2-4E39-AA15-2E527E92D9AF}
駅名の通り
この日の目的は梵魚寺へ行くこと


雨は降っていますが
ザァザァ降りではないので
行っちゃいます

目指す出口は⑤番または⑦番です
{6E95B29C-D318-44CF-A05C-F4CACDCA910C}
地図で左上あたりに
梵魚寺行きバスの停留所があります足

この道のちょうどつきあたりに
バス停が
{8AB8BCC0-EF2E-4050-A0F5-E638F7C775D5}

時刻表です
{42B9FD2E-5903-4167-B287-AAA6B6E20285}
だいたい1時間に4〜5本のバスがでています

バス停のお向かいには
カフェ、仏具屋、携帯電話屋さんがあります
{1024D99F-E2D2-4EE4-89C0-E27E60FBD84F}


バスに乗って梵魚寺へ向かいまーす
{62D3CF90-A063-4D56-AC19-A80E30215921}
観光客らしき姿もチラホラ

ものすごい霧ですアセアセ
{A9308548-D143-4130-B505-4AC6D63149AA}


梵魚寺バス停に到着
{895AD2EF-AE8A-439E-AA56-2C4260EE5903}
梵魚寺の入口まですこし歩きますよ

道の両側には
色とりどりの提灯が
{773F93C8-22E7-4C1D-98C6-8CF6B2DE95F7}

有名な一柱門です
{8963D78E-C201-4D2F-BB99-076BA4E8F123}
土台が石でつくられているのは
珍しいそうです

世俗と聖域との境の一柱門をくぐると
{9F02E2D9-D741-4CA9-8543-85B9833DDA73}
また色とりどりの提灯が

石段を登り

大雄殿へ
{83E8094C-D55A-44D5-8B9A-63C83CF1E839}
お天気には恵まれませんでしたが
読経が響いて
霧の中にたたずむ大雄殿も
趣があっていいですよねおねがい
{99BFFFE6-FFFB-46FD-9237-84FBF32E289A}



お寺ににゃんこ
{6178F47E-1B17-47BE-BADD-D29F428004F8}
日本のお寺でも
にゃんこ遭遇率が高いんですよね
不思議

こちらは今月初め京都嵐山の
常寂光寺で

にゃんこが道案内するかのように
後ろを振り返りながら
前をすたすた
かわいかったんですよね〜ラブラブ

話が逸れましたがアセアセ
梵魚寺を満喫して
またバスで駅まで戻ります
{E15C623B-781E-4B76-9E46-3EEADDC7E5EF}
降りた場所と同じところから
乗り込みますよキラキラ

霧の梵魚寺が見られて
ちょっぴり特した気分になりましたニコニコ


ぼちぼちインスタやってます
下矢印下矢印

Instagram


ポチっと手ひと手間お願い致します
下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ

下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印

人気ブログランキングへ

ポチっと「いいね」も
お願いしますショボーン
下矢印下矢印

のりんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。