ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

こんにちは!

 

今回も靖國神社遊就館へ行ったつづきです。

 

靖國神社遊就館では、坂本龍馬についても書いてありました

 

ので今回は坂本龍馬です。

 

いつものように坂本龍馬の無料イラストがありましたので

 

使用させていただきます。

 

坂本龍馬は1836年、土佐藩の郷士の家に生まれます。

 

実母を10歳の時に亡くし、以後、姉の乙女により

 

育てられます。乙女は身長176cmくらい、体重110kg

 

以上とも言われていて、この時代の人としてはかなりの

 

体格をしていたようです。それでいて剣術に優れていた

 

らしく龍馬の剣術師範を務めたとも言われています。

 

さて坂本龍馬が生きたのは、激動の幕末ですので

 

どこを書いてもそれなりに読めるものとなるのではと

 

思うのですが、一気に最後の近江屋事件へ移ります。

 

近江屋事件は、龍馬が切りつけられて亡くなった事件です。

 

龍馬はそれまで京都の旅籠寺田屋によく滞在していたが、

 

幕府役人により急襲されました。龍馬は銃を持っていたため

 

か逃げ延びることができました。(寺田屋事件)

 

そのため京都での拠点を材木商酢屋にしていたのですが、

 

そこも安全ではないと感じたのか醤油商の近江屋へ拠点を

 

移します。ただ龍馬は暗殺されるとの風聞は当時から

 

広く流れていたようです。

 

襲撃されたその日は、中岡慎太郎もいたためか近江屋の

 

2階にいました。本来、安全な場所は近江屋の土蔵だった

 

ようです。(逃亡がしやすかったらしい。)

 

襲撃された時間は午後9時ごろだったとされています。

 

2階に上がってきた刺客は龍馬と中岡慎太郎両名を次々と

 

切りつけ2人とも亡くなりました。両名の暗殺は討幕派に

 

大きな影響を与えたとされています。

 

以上、靖國神社遊就館へ行ったことについて書いて

 

みました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/