こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

今回は、遺産分割協議後に新たな遺言書が出てきた場合に

 

ついて書いてみます。

 

遺言書を書くと奥さんなどに遺言書を書いたということを言う人は

 

多いかと思いますが、中には誰にも言わずしまい込んでいると

 

いうこともあるでしょう。実際、亡くなった人の家を探したけれども

 

遺言書は見つからなかったため、相続人の間で遺産分割協議を

 

はじめ、まとめて終了させました。しかしその後何かの拍子に

 

遺言書が見つかったという場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

このような場合でも遺言が優先となり、違った内容の部分は

 

無効となってしまいます。これは分割終了の後にかなり長い年月

 

が経った場合でも同様です。

 

では一度決めた分割をもう一度やり直さなければいけないので

 

しょうか? そんなことはありません。

 

遺言書と違った分割をしてしまった場合でも相続人全員の同意が

 

あれば遺言書と異なった内容での分割も認められているので

 

心配はいらないかと思います。

 

ただ注意しなければならないのは遺言書の中で遺言執行者を

 

置く内容になっているときです。通常、遺言書の中に出てくる

 

遺言執行者は遺言者の意図を理解している人が指定されていると

 

思います。その人にも遺言書と異なる内容を認めさせるのは

 

困難でしょう。

 

以上、遺産分割協議後に新たな遺言書が出てきた場合について

 

書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/