こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

今回もHondaウエルカムプラザ青山へ行ってきたつづきを

 

書きたいと思います。

 

1988年はホンダがエンジン供給先をウイリアムズから

 

マクラーレンへと変更した最初の年です。

 

 

↑は、1988年に大活躍し、私が勝手に伝説のマシーンと呼んで

 

いるマクラーレンホンダMP4/4です。

 

エンジンは、1494cc80度V型6気筒ツインターボ、

 

最高出力685馬力です。ターボエンジンへの規制がさらに

 

厳しいものとなり前年の過給圧4バールから2.5バールへと

 

変更され、燃料使用量もターボ車のみ150リッターに

 

制限されます。(この年はターボ車だけでなく自然吸気車も走って

 

いたのですがそちらについては燃料の使用制限はありません。)

 

前年のウイリアムズホンダFW11Bのエンジンの最高出力が

 

1050馬力以上でしたのでそれと比較すると見劣りしていますが

 

ホンダのターボエンジンへの圧力は日に日に強くなっているので

 

その結果ということです。このようにターボエンジンへの規制の

 

強化とともに自然吸気エンジン優遇政策により接戦が予想されて

 

いましたが、実際に蓋を開けてみるとドライバーにアラン・プロスト

 

とアイルトン・セナ擁するマクラーレンホンダは、逆境をものとも

 

せず他のライバルを圧倒し続けます。

 

結果としてこの年マクラーレンホンダは16戦中15勝をあげると

 

いう快挙を成し遂げ、一時は全勝するのではないかとの声も

 

聞こえて来たほどの強さを見せました。これはあくまでも

 

私の主観ですが、この当時のレースの映像を見ると他のチームの

 

マシーンはマクラーレンのマシーンに対してほとんどバトルを

 

仕掛けているように見えません。スピードは速いのですが、

 

ゆったり走っているように見えます。あまりにも性能に差がある

 

ためマクラーレンに独走させて自分たちは自分たちで勝手に

 

やっているように思えます。

 

このようにあまりにも圧倒的な速さを持つマクラーレンホンダ

 

MP4/4は数々の記録を塗り替え、セナに初めてのワールド

 

チャンピオンとマクラーレンにコンストラクターズチャンピ

 

オンのダブルタイトルをもたらしますが、88年シーズン終了をもって

 

ターボ禁止となります。

 

ホンダエンジンを何とか抑えようと必死に規制をかけてきましたが

 

ついにそれもかなわず限界に達したためターボ禁止という荒技を

 

やってのけます。

 

以上、Hondaウエルカムプラザ青山へ行ってきたつづきについて

 

書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/