こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

今回は、相続分の譲渡について書いてみます。

 

相続分の譲渡とは法定相続分、例えば妻1/2を他の相続人や

 

赤の他人に譲り渡すことです。

 

気の早い人は、亡くなる前に相続分を譲渡しようと考えることも

 

あるかもしれませんができません。

 

なぜなら、養子などが相続人になったりして相続人の人数が

 

増えることも考えられ相続分が変わることもありうるからです。

 

しかし人が亡くなって相続が開始すれば、相続権が確定するため

 

相続分の譲渡が可能になります。遺産分割時における話し合いで

 

揉めることが予想されるためそのような話し合いには参加したく

 

ないといった考えをお持ちの方には有効な手段になるかと

 

思います。ただここで注意しなければいけないのは

 

相続分を譲渡しても負債の支払いは残ってしまうことです。

 

負債の支払いまで免れたいと考えるなら相続放棄をすべきです。

 

相続放棄をすれば最初から相続人ではなかったことになりますが

 

相続分の譲渡では相続人としての地位はまだ持っている

 

ためです。

 

また相続人の中の一人が相続分を赤の他人に譲渡してしまうと

 

困ると考える人は多いでしょう。そのために相続分取戻権という

 

権利があります。譲渡した相続人以外の相続人は相続分を

 

譲り受けた人に対して譲渡価格と費用を支払って譲渡された

 

相続分を取り戻すことができます。ただこの権利は譲渡から

 

1カ月以内に行わなければなりません。

 

以上、相続分の譲渡について書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/