こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

今回は、胎児について書いてみます。

 

胎児は母親のお腹から出てきていませんので人とみなされる

 

ことはありません。ただ相続においてはすでに生まれたものと

 

みなします。しかし死体で生まれた時はこの限りではないという

 

内容となっています。ですので父親が何らかの事情で早くに亡く

 

なってしまった時、母親のお腹に赤ちゃんがいればその子は

 

立派に父親の相続人になります。もちろん生まれてくることが

 

前提です。

 

この場合、配偶者(母親)と生まれてくる子供で財産を分ける、

 

子供の親権者は母親ですので事実上、母親が亡き父親の財産を

 

独占することになるでしょう。

 

しかし、もし胎児が相続人になれないとしたら状況が変わって

 

きます。すなわち上記の例では配偶者(母親)と父親の両親で

 

財産を分配しなければなりません。かなり財産の行方に違いが

 

生じてくるのがわかるかと思います。

 

なお厳密に言うと母親のお腹から胎児がすべて出てきた時に

 

その赤ちゃんが生きていれば相続権があり、そうでなければ

 

赤ちゃんに相続権はないことになります。

 

以上、胎児について書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/