こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 認知症の原因となる病気として前回アルツハイマー病について

 

書きました。それ以外にも脳血管障害、レビー小体病などが

 

あげられますのでそのことについて触れたいと思います。

 

脳血管性認知症ですが、簡単に言うと脳の血管が破れたり

 

つまることが原因して起こる認知症です。

 

脳のどの部分が損傷するかによってあらわれる症状が異なって

 

きます。ですので、例えば字の読み書きはできないけれども

 

判断能力は大丈夫というようなまだら症状が起こります。

 

また、発作が起こるたびに認知症がひどくなるので発作を

 

起こさないようにしなければなりません。

 

その為、規則正しい生活をし、発作の原因である糖尿病や

 

脂質異常症や高血圧の治療をすることが重要になってきます。

 

次にレビー小体病について触れます。レビー小体と言われる

 

蛋白がたまることにより脳細胞が減っていく病気です。

 

実際には存在しないものが見える幻視や手が震える、歩きにくく

 

なるといったパーキンソン病と似たような症状がでてきます。

 

しかもやっかいなことに、レビー小体病を治したり進行を止める

 

薬は現在のところありません。

 

以上、認知症のつづきについて書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/