こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

今回は、前回のつづきを書きます。

 

まず、東京都庭園美術館です。↓

 

 

この美術館はもともとは、朝香宮邸として1933年に建てられた

 

ものです。フランス人の芸術家アンリ・ラパンに設計を依頼して

 

建てたそうです。しかし、アンリ・ラパンには実際に会わないで

 

設計をしてもらったということです。アール・デコ様式という

 

フランスを中心に広まった装飾様式で建てられています。

 

 

↑は玄関を入ったところに飾られていたものです。

 

 

大理石を使った階段です。↑ 大理石は絨毯を敷かないと

 

滑るのでしょう。

 

 

 

↑は、3階のテラスみたいなところでしょうか。

 

私が不思議に思ったのが扇風機です。日本製ではありません

 

でした。

 

 

↑この辺りはよくわかりません。高いのでしょう。

 

 

↑は、花瓶ということになっています。絶対に花を挿したことは

 

ないと思われます。

 

 

ここの所有者だった鳩彦王↑が1922年(大正11年)に

 

フランスへ留学してその最中に自動車事故にあったと年表には

 

書いてありましたが、いくらフランスがこの当時進んだ国だった

 

とはいえ、自動車事故など起こすのでしょうか? 不思議・・・・・・・

 

さて次が、隣の自然植物園です。ここは、ちょっと焦りました。

 

私から言わせれば、ただの何もない森林です。

 

カルガモやアオサギ・カワセミなどの鳥も見られると書いては

 

ありますが、この手のものは朝早くからカメラを構えてやっと

 

撮れるといった鳥だと思います。

 

ですので、あまりインパクトのある写真は撮れませんでしたが、

 

一応載せます。

 

 

↑は、クマバチです。クマバチが悪いとは言いませんが

 

これが限界です。

 

 

↑の緑の葉っぱは、「トラノナスズカケ」という四国や九州に

 

ある絶滅危惧種だそうです。江戸時代に平賀源内が

 

この植物園に持ち込んだと言われています。

 

さて、先週も書きましたがこの辺りはハイソなシロガネーゼが

 

住んでいるところです。

 

 

↑は、プラチナ通りです。やっぱりここを通っている車は違います。

 

ポルシェカイエン、ポルシェ911、ベントレー、BMW6シリーズ、

 

白のオープンカーのフェラーリ、古いジャガーなど高級車の

 

オンパレードです。

 

 

↑は、プラチナ通りと目黒通りが交差するところにある

 

ドン・キホーテです。ドン・キホーテは安い商品を売っているところ

 

という認識でしたので白金台にあるというのは??と思って

 

しまいました。ですので、ちょっと覗いてきました。

 

だいたいは、私の家の近くのドン・キホーテと同じでしたが

 

違いはありました。松坂牛の専門店が入っていました。

 

やっぱり違います。私の家の近くのドン・キホーテでは焼き芋を

 

売っています(笑)。

 

以上、東京都庭園美術館、自然教育園へ行ってきたことについて

 

書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/