こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 今回は、成年後見人が持つべき心構えについて書いてみます。

 

成年後見人は次の3つの心構えを持つべきだとされています。

 

1つ目が、自己決定の尊重です。なるべく本人の意思を尊重し

 

認知症等で判断力が衰えた部分を後見人が補完していこうという

 

ことです。

 

2つ目が、身上保護の重視です。

 

身上保護とは介護や医療、自分の家や施設への契約することや

 

お金の支払いをすることを指しています。

 

昔は財産管理に重点を置いていましたが現在の制度では、

 

この身上保護も重視しましょうとうたっています。

 

3つ目がノーマライゼーションです。障害のある人もない人も

 

みんな同じ地域で暮らせるようにしましょうという考え方です。

 

後見人は自分の考え方を人に押し付けたり、お年寄り本人の

 

意見を聞かずに物事を判断していくのはいけません。

 

そのため、この成年後見制度をつくった人は、親族の後見人

 

よりも第三者である専門家の後見人がいいと考えているようです。

 

以上、成年後見人の心構えについて書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com