こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 今回は、成年後見登記、特に法定後見の登記について

 

書いてみたいと思います。

 

家庭裁判所へ後見等開始の申し立てをしてから予約した日時に

 

家庭裁判所へ行って事情聴取を受け、審判が告知され

 

その後、家庭裁判所が成年後見登記の嘱託をすることと

 

なります。

 

それでは、この登記事項証明書にどのようなことが書いてあるか

 

見ていきます。

 

後見等開始の審判がどこの裁判所で行われたか? や裁判の

 

確定日、成年被後見人の氏名、生年月日、住所、本籍、

 

成年後見人の氏名、住所、選任の裁判確定日、登記年月日

 

です。このような内容が登記されることにより、本人と売買等の

 

取引を行おうとする人は、本人に成年後見人がついているか否か

 

を知ることができ、取引を行おうとする両者の利益を保護する

 

ことができるようになります。

 

登記されていることが何もなければ「登記されていないことの

 

証明書」が発行されることとなります。

 

では、この二つの証明書はだれでも取ることができるのでしょう

 

か? 個人情報保護の観点から、四親等内の親族や成年後見人

 

等に限って取ることができます。

 

ちなみに、会社の登記や、不動産の登記はだれでも見ることが

 

できます。

 

以上、成年後見登記について書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/