こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 今回は、バラの季節ということもあり、鎌倉文学館へ行って

 

きました。

 

と言っても、鎌倉文学館だけ行ってきたわけではありません。

 

まず、鎌倉駅で降りて商店街を歩いて昭和19年頃まで江ノ電の

 

大町停留所があったところへ。↓

 

 

↑の写真を見る限り、大町のとなりの停留所は琵琶小路と

 

蔵屋敷だったのでしょうか?

 

今とは全然違う駅名が書いてあります。

 

さて、由比ガ浜大通りを歩いて数分のところに六体の地蔵が

 

立っているところがありました。↓

 

 

ここには、かつて刑場がありました。その刑場が別の場所へ

 

移ったためこの辺りがさびれてしまったそうです。

 

それを見かねた住民が処刑されて亡くなった人の霊を弔うために

 

この六体の地蔵を置いたということです。

 

現在この辺りを見ると、お店もいっぱいあって、どこがさびれて

 

いるのか全く分かりませんが、そういうことらしいです。

 

 

六地蔵の近くに↑の写真の建物があります。

 

昭和2年に建てられた鎌倉銀行です。その後、バーになりましたが

 

現在は使われていないようです。

 

ちょっと、銀行にしては狭すぎるように思います。

 

昭和2年頃の銀行はこんなに狭くてもやっていけたのでしょうか?

 

 

↑の写真は、鎌倉幕府2代執権北条義時と戦ったが(和田合戦)

 

負けてしまった和田義盛一族のお墓です。実際にこの場所から

 

和田義盛一族と思われる骨が大量に出てきたそうです。

 

 

↑やっと鎌倉文学館です。この建物は旧前田家の別荘として

 

建てられたそうです。展示内容は、三島由紀夫が割腹自殺を

 

したという内容しか覚えていません。

 

ここに来ている人のほとんどが、私と同じようにバラのために

 

来ているように思います。

 

では、バラです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

やはり花は、画面を華やかにします。なるべく入れていくように

 

したいと思っています。

 

ちなみに、このバラ園では、200種245株のバラを見ることが

 

できるそうです。

 

以上、鎌倉文学館へ行ったことについて書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/