逗子へ行ってきました

テーマ:

   こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 4月13日 土曜日、逗子へ行ってきました。逗子は車では

 

近くの道を通り過ぎますが、電車で行って逗子の駅で降りたのは

 

初めてです。

 

最初に行ったのが、ほとんど駅前にある亀岡八幡宮です。↓

 

 

応神天皇を祭っていて、勧請の時ははっきりしませんが

 

今の建物は大正8年にできたそうです。「亀岡」というのは

 

この辺りの地形がカメの岡に似ていたのでこのように名付られた

 

ということです。駅前の住人の憩いの場になっていました。

 

話は全然変わりますが、ここ逗子も含めて横浜は全体的に

 

車道、歩道とも狭すぎます。私の生まれた名古屋は横浜と

 

比べれば車道、歩道とも広大です。例えば名古屋で一方通行の

 

道は大体において車がすれ違うことが可能です。

 

それに対して、横浜では車1台分の車幅しかない道でも

 

一方通行になっていないところが多いです。

 

さて、次が六代御前の墓です。↓

 

 

六代御前は、平維盛の嫡男で1185年平家滅亡の時に

 

捕らえられるものの、文覚上人により助けられました。

 

その後、1199年源頼朝が亡くなると再び捕らえられたという

 

人の墓です。

 

 

↑の写真は旧脇村邸です。東京大学教授だった脇村氏が

 

住んでいた家だそうです。数寄屋風の外観をした和洋折衷の

 

家ですが脇村氏が亡くなった時、相続税の支払いを物納で

 

行ったため、巡りめぐって現在のように逗子市の所有になった

 

ということです。

 

 

↑の写真は「柳屋」跡地です。文人の徳富蘆花がここに4年間

 

滞在し「不如帰」を書き上げました。

 

 

↑の写真が近くの海に浮かぶ「不如帰」の碑です。

 

 

↑の写真が石原慎太郎「太陽の季節」の碑です。

 

次が披露山公園です。子供連れがいっぱいいました。

 

すぐ近くの高級住宅地である披露山庭園住宅を見下ろせる

 

公園です。

 

 

↑の写真はその公園に咲いていた花です。高級住宅地に咲く

 

花は高級な花に見えてしまうのは私だけでしょうか?

 

 

↑は道端に咲いていたチューリップ?です。

 

 

多少散った感はありますが、まだまだ健在の桜。↑

 

お次が、岩殿寺です。↓

 

 

行基菩薩と徳道上人が開いたとされる寺です。

 

 

そこの境内にあったお掃除地蔵さんです。↑

 

以上、逗子へ行ったことについて書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/