遺贈とは

テーマ:

   こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 今回は、遺贈について書いてみます。

 

遺贈とは、自分の財産を遺言によってただであげるということ

 

です。遺贈は、その遺贈を受ける方の了解などを必要としません。

 

遺贈を受けるのがいやであれば放棄をすればよいのです。

 

また、どんな遺贈を行ってもかまいませんが、相続人の遺留分に

 

注意を払う必要はあります。だれだれに自分の財産のすべてを

 

遺贈するなどとやってしまうと相続人から遺留分減殺請求をされ

 

思い通りに財産を渡せない結果になってしまいます。

 

事実婚の方には、もちろんのこと相続権がありませんので

 

こういった方に対して使うとよいでしょう。

 

更に遺贈には特定遺贈と包括遺贈があります。

 

特定遺贈とは、この土地をだれだれに遺贈するといったように

 

遺贈するものを特定して渡すことになります。放棄するときの

 

期間制限はありません。家庭裁判所で何か手続きをするといった

 

事もありません。

 

それに対して、包括遺贈は遺産の1/3といったように割合で

 

示して遺贈する場合のことです。放棄をしたいときにはそのことを

 

知った時から3か月以内に家庭裁判所で手続きをしなければ

 

なりません。

 

以上、遺贈とはどのようなものかについて書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/