こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 今回は、お墓や系図や神を祭る道具は相続財産か? 

 

ということについて書いてみたいと思います。

 

故人が残したもので、お墓や系図や神を祭る道具は相続財産の

 

対象外としてあつかわれるため相続人同士の遺産分割の

 

対象になるということはありません。

 

このお墓や系図や神を祭る道具の引継ぎに財産上の意味合いは

 

ありません。

 

しかし、昔ならいざ知らず、今でもお墓や系図や神を祭る道具を

 

引き継ぐ人はその家の長男がなることが多いのが現状です。

 

では、ここでお墓を護ったり法要をする祭祀の主催者を決める時

 

に注意すべきことについて書いてみます。

 

被相続人は、生きているうちに祭祀の主催者を指定することが

 

できます。遺言で決めてもOKです。祭祀の主催者は長男が

 

なることが多いと書きましたが、まったく赤の他人であってもよく

 

複数人でもいいです。

 

祭祀の主催者に指定された人はこれを断ることはできないと

 

されていますが、実際には了解を取っておくべきです。

 

さらに、祭祀の主催者は葬式や法要などでお金がかかる現実が

 

ありますのでこの点に配慮して、遺言書等で他の相続人より

 

多くの財産を相続させることを考えた方がいいでしょう。

 

以上、お墓や系図や神を祭る道具は相続財産か? ということ

 

について書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/