遺言執行者とは

テーマ:

明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 今回は、遺言執行者とはということで書いてみたいと思います。

 

遺言執行者とは、遺言書に指定があったり、そうでない場合は

 

裁判所が決めたりして被相続人の遺言書の内容を実行する人

 

です。普通は被相続人が指定して遺言書に書いておきます。

 

指定された人は当然に遺言執行者になるというのではなく

 

承諾して就任することになります。一人でもいいし複数人であって

 

もかまいません。また、相続人も遺言執行者になることが

 

できます。しかし、破産者や未成年者はなれません。

 

通常、遺言書の作成に関与した弁護士や行政書士や信託銀行

 

等になってもらいます。

 

遺言執行者の仕事としては例えば被相続人の土地や車などの

 

名義を変更しなければなりません。この時もし遺言執行者が

 

決められていなければ相続人みんなの署名と捺印をそろえる

 

ことが要求されます。しかし、遺言執行者が決められていれば

 

遺言執行者の権限で名義変更をすることが可能となります。

 

遺言の内容を実現する手間をかなり省くことができると

 

いうことです。

 

また、遺言書を書く人にとって重要なことだと思うのですが

 

遺言執行人を遺言書に書いていないと相続人みんなでこの内容

 

はよくないから自分たちで勝手に遺産分割をやろうということが

 

できてしまいます。ですので、確実に自分の遺言を実行したいと

 

考える方は遺言執行者を入れることが必須の事と考えるべき

 

でしょう。

 

以上、遺言執行者とはということについて書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/