こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 今回は、一度してしまった相続放棄を取り消すことができるか?

 

ということについて書いてみたいと思います。

 

ここで最初に相続放棄とはどんなものであったか見ていきます。

 

相続放棄は、自己のために相続の開始を知った時から3か月

 

以内に家庭裁判所に申述しなければなりません。

 

更に、相続人が制限行為能力者(成年被後見人や未成年者)で

 

あればその法定代理人が制限行為能力者に相続の開始があった

 

ことを知った時から3か月以内ということになります。

 

この時は、初めから相続人にならなかったこととみなされます。

 

という前提知識を頭の片隅に置きながら、一度相続放棄を

 

家庭裁判所にしてしまったのだがそれを取り消すことが

 

できるか? ということを考えてみます。

 

最初は借金が多いと思ったので相続放棄をしてしまったが、

 

後になって借金が多いことは事実ですがその中に受け継ぎたい

 

重要な財産が見つかってしまったので相続放棄を取り消すことが

 

できないか? ということです。

 

基本的には、一度相続放棄をしてしまったら後になって取り消す

 

ことはできません。しかし、民法921条に相続人が相続財産の

 

全部または一部を隠匿した時や、私にこれを消費した時は

 

単純承認をしたものとみなすという内容が書かれています。

 

単純承認とみなされてしまうような行為をすればいい

 

ということです。

 

あまり薦められることではありませんが、相続放棄の取り消しも

 

できないことはないということです。

 

以上、一度してしまった相続放棄を取り消すことができるか?

 

ということについて書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

http://yokosuka-gyoseishoshi.com/